カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

何があっても楽しく生きていくために大きな冷蔵庫を買った

詳しくは「家から出ないことと家から出られないことは全然違った」という記事で書いていますが、先日のロックダウンで家から一歩も出られない規制が発令されました。

幸い規制が二週間で解除されたからよかったのですが、備蓄した食料はギリギリで三週間目に突入していたら食べるものに困っていました。

そして備え付けの冷蔵庫では三週間以上の食料を確保できるだけのスペースがなかったので、今後同じように厳しい規制が出されて家から出られなくなったとしても、変わらず楽しい毎日を過ごすために大きめの冷蔵庫に変えましたので見てください。

大きな冷蔵庫を買った

こちらが新しく我が家にやってきた冷蔵庫。右奥のものがアパートにもともと備え付けられていた冷蔵庫です。真っ黒でかっこいい!

新しい冷蔵庫は前面がガラスコーティングされており、全身鏡的な役割を果たします。正面のキッチンの様子が反射している。

サイズ感はこのくらい違います。容量は2倍以上になりました。

新しい冷蔵庫を手に入れて非常にゴキゲンな30代男性(身長178cm)とのサイズ比較です。

冷蔵庫の中です。めっちゃ入る。

こちらは上段の冷凍庫。買い物に行けず引きこもるとなった場合に冷凍庫は非常に重要。個人的には作った氷をキープしておける箱がついているのがポイント高い。

冷蔵庫を買ったことに対して聞かれそうなことを前もって処理

いくつかツッコミどころとかを想定してまとめておきます。何かの参考にしてください。

なんでLG?

家の大家さんの影響です。大家さんは電気屋さんを経営しており、不動産収入だけでなく事業所得もあるキャリアウーマンです。そこで扱っているメーカーがLGが主流なので我が家はもともとの備え付け家電は全てLGの最新版。

今回も冷蔵庫を大きくしたいと相談したところ、特徴別にいくつか見繕ってくれていろいろ参考になりました。

大家さんのお店はWat Boストリート沿いにありますので、シェムリアップで家電をお探しの方は訪れてみてください。「あなたのアパートに暮らしているYUSUKEの紹介です」と言えば、ニコニコしてくれると思います。

海外生活で家電類は買うべき?

海外生活を始めようと思った時に、家具家電にどこまで課金するかって日本で暮らしている以上に悩ましいのではないでしょうか?永住するつもりの人ならともかく、いつ帰るかわからないと思っている人にとっては課金しにくいポイントです。

個人的には備え付け家電で十分と思っていましたが、暮らしてみて生活にストレスや我慢が出るのであれば買い替えたほうがいいという意見です。なぜなら暮らしの中で感じる小さな不満を積み重ねていくと、暮らしが楽しくなくなるのです。海外で暮らす理由は人ぞれぞれかと思いますが、せっかくなら楽しく暮らしたいですし、日本と違う環境であるからこそ便利に越したことはないと思うからです。

そして何より、自分が好きな国や街で暮らしているのに、いちいち小さなことで不満や愚痴をこぼしたくないので、生活が快適になるのであれば迷わず課金するべきだと思います。

大きな家電いる?

今までは小さく暮らして、必要なものは必要な時に必要な分だけ買いに行けばいいという主義でした。しかし今回の規制によって、そんな自分のエゴや勝手なこだわりで生きていても困るのは自分だと感じました。

急な通達、急な施行で生活に制限をかけられるということは、今までの当たり前が急に奪われて、急に不自由な暮らしになる可能性があるということです。もしかしたらもうこのような規制は出ないかもしれないけど、例えコロナ問題でなかったとしても、あらゆる不条理や突発的な出来事で生活に制限がかけられることは想像できます。

そのような時に「ああ、また不便な日々だ」「いつ終わるか分からないから我慢しないと」なんて感じる時点で、今回の反省を生かせていないと思うのです。そして政策に文句を言っていても生活は豊かになりません。一度味わった経験をまたしたくないのであれば、今できる対策をしておいて次に備えておくべき。人生のほとんどは準備しておけばだいたい何とかなる。

日本帰るってなったらどうするの?

家電欲しいけど急に本帰国するとかになったらどうしよう?と思う人もいるかもしれませんが、その時は誰かに売ればいいと思います。売れない or 売るのが怠いのであれば大家さんとかにあげればいいかなと考えています。

いつ帰るかも今わからないのに買うなら損したくない気持ち一心で帰る時のことばかり考えて、装備を整えずに不便な暮らしをするくらいなら、今自分にとって必要なものをは揃えて楽しく快適に暮らす道をぼくは選びます。いざ帰るってなったらそうなった時に考えればいいという思考です。

まとめ

そんな感じでまた快適な自宅になりました。

以前のような強烈な規制が再度行われるかどうかは不明ですが、別にそうならなくても日々が快適になったのでそれでOK。買いたいものがあっても冷蔵庫に入り切らないから我慢→次行ったら売り切れてて悔しい、みたいなこともなくなります。

大量に買っておけば頻繁に買い物に行く手間も省けるし、たくさん買って作り置きしておけば料理するのがめんどくさい日も楽勝。毎日おいしいものが食べられるだけで生活は楽しくなりますし、そういった幸せを外部環境に影響されて奪われないためにも大きな冷蔵庫を買ってよかったと思いました。

以下のリンクはメーカー・形ともに全く異なりますが、サイズと容量が近しいものを置いておきますので、冷蔵庫選びの参考にしてみてください。

我が家の家電

スチームオーブンレンジ本体
LGのドラム式洗濯乾燥機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。