BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort45で手に入れた静寂の中でぼくは無力だった

高音質なヘッドホンがあれば動画制作の仕事がもっと捗って質も高まってもっと稼げるかもしれない…と思っていたら気づいた時には買っていました。BOSEが約4年ぶりにスタンダードモデルで出した新作「QuietComfort45」というやつです。

仕事道具はいいものを使うと、できなかった時の理由が全部自分に向いて言い訳できなくなるので、いいやつを使おう、という思考で働いています。

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort45」買った

今までBOSEのイヤホンは使ったことあったけど、ヘッドホンは初です。ゾクゾクする。

専用の箱です。シュッとしていていい。ヘッドホンってもっと嵩張る物だと思っていたので、届いた箱見て「かなりコンパクト」と思いました。重さも気にならないので、持ち歩くの嫌にならなそう。

ケースのファスナーを開けるとこんな感じ。片耳がくねっとしているおかげでコンパクト収納できる構造なんですね。

同梱物。本体はUSB充電が可能。しかもUSB Type-Cなのが嬉しい。フル充電するには2.5時間必要ですが、フル充電だと最長で24時間再生できます。

あとワイヤレスで使えるタイプですが一応イヤホンジャックも入っていました。

電源スイッチはなくて、Bluetoothマークのボタンをスライドさせると起動します。初期設定しておけば、次回からは設定した端末と自動で接続してくれて便利。

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort45の使い方とか接続方法とか

QuietComfort45のセットアップには専用アプリのBose Musicのダウンロードが必要です。

QuietComfort45をiPhoneと接続する

Bose Music
Bose Music
開発元:Bose Corporation
無料
posted withアプリーチ

Bose Musicアプリが初めての人はBoseアカウントを作成します。

「始める」をクリックします。

利用条件とプライバシーポリシーを熟読して「I Agree」をクリックします。

サインインする方法を選びます。

国を選んで「Continue」をクリックします。

登録が完了したら製品と接続します。「ヘッドホンとフレーム」を選択。

QuietComfortを探しています。

見つかりました。「ペアリング」をクリックします。

使い方ガイドのページです。後からでも見返せます。

完了しました。「始める」を押します。これでスマートフォンで接続できます。

MacBookとQuietComfort45を接続する

パソコンなど別の機器に繋ぎたい場合は、スマホでセットアップした後のこの画面で「ソース」をクリックすると、新しく接続する端末を選ぶことができます。

Bose QuietComfort45の操作方法とか使い方

ヘッドホンの装着の向きですが、イヤークッションの内側に大きくLとRが書かれているので左右間違えることはないと思います。

頭に装着した状態でヘッドホンに手を当てると、左右それぞれ親指付近にボタンがあります。

操作方法は以下の通り。

  • 右側中央
    • 1回:音楽の再生・停止、着信時の応答・終話
    • 長押し:音声コントロールの起動、着信拒否
    • 2回:音楽を次のトラックへ
    • 3回:音楽を前のトラックへ
  • 右側+/-:音量の変更
  • 左側
    • 1回:モードの切り替え(ノイズキャンセリングと外部音取り込み)
    • 2回:通話中にマイクをミュート

QuietComfort45を専用ケースへ収納する際に「どうやるんだっけ?」と迷った場合は、ケース内部のタグを確認して見よう見まねでガチャガチャやったらOK。

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort45」を使ってみた感想

  • ノイズキャンセリング機能がすごくて笑う
    • 初めてつけた時は「うん、まあそれなりかな…」って思ったけどその後ヘッドホン外したら「え???うちの家の中ってこんなにうるさかった?誰もいないのに…」って感じた
    • 音楽聞かなくてもノイズキャンセリングしているだけで作業が捗ったり休憩の質が高まりそう
    • 実際に昼寝が最高だった
    • ノイズキャンセリング機能だけで全くの無音になるわけではないけど、扇風機とかエアコンとか冷蔵庫の音がいかに無意識で聞こえていたかにびっくりする
    • 同居人の生活音とかは聞こえたりもするけど音楽流れている時は全く気にならない
  • つけ心地良くて最高
    • そもそもAirPodsProからヘッドホンに変えた理由が「ずっとつけていると耳の穴が痛くなるから」だった
    • BOSEのQuietComfortはイヤークッションの肌触りがよく、いい感じに耳を包み込んでくれているので長時間つけていても全く苦痛にならない
    • フル充電しておくと24時間使えるので長時間労働だけでなく長距離移動の時にも大活躍してくれそう
  • 音もいい感じ
    • 音のプロではないので細かいことはわかりませんがBOSEやっぱりいい音だなってうっとりする
    • レビュー見るとあーだこーだ言っている人いるけど、音のプロでなければかなり満足できると思う
    • 今まで聞こえてなかった音が聞こえて楽しい
    • のでApple Music再契約していろんな音楽聴いたりYouTube見漁ったりしてる(全然仕事が手につかない)
    • 一人映画も楽しくてプライムビデオ見漁ってる(没頭しちゃう)(ますます仕事が手につかない)

という感じで仕事の質を高めるために買ったのに、物が良すぎて手に入れた静寂と音を楽しんでおり全然仕事にならない。どうしてくれましょう。

テレワーク多い人はQCシリーズよりもNC700を買おう。

あと勢い余って、SoundLink Microっていう小さいスピーカーも買っていました。前に使っていてパクられたやつです。朝起きてから家の中がずっといい音でアガる。

BOSEのスピーカー

おまけ〜初めてのBOSEの話

2013年の一人旅中

ぼくが初めてBOSEのイヤホンを買ったのは、教員の仕事辞めて初めて一人で海外へ行った日。乗り継ぎのために韓国の仁川に到着した後、乗り継ぎ時間の長さを考慮してあえて入国して市街地までビビンバを食べに行くという、当時のぼくにはそれなりの冒険を果たして戻ってきた仁川空港の免税店にて。

仁川空港から移動した市街地で、なんだか急に誰も知らない所へ来てしまった…という気持ちが突然込み上げてきて、一人でいることにちょっと不安を感じた時に持っていたイヤホンを耳につけてiPodで音楽を聴きました。今までイヤホンをつけて安心するなんて感じたことなかったけど、その時は耳に入ってくる日本語が心を落ちつけてくれたのだと思います。

そんなイヤホンがよりによって街中で、人混みを避けた時に何かに引っかかってちぎれました。不安をかき消してくれた日本語の歌詞と、音楽を届けてくれたイヤホンが急になくなったことで再度不安な気持ちを抱えたまま空港へ。旅の序盤でちぎれてしまったイヤホンを捨てられないまま、搭乗ゲートへ向かっていたらたまたま電化製品が並ぶお店が目について入店。

そこで見つけたのがぼくにとっての初代BOSEのイヤホンでした。BOSEというメーカーはもちろん知っていたけど、プロの音楽家とかが使うような高級な物だと思っていたし、自分にはそこまでいい音は必要ないと感じていたけど、案外手が出ないほどじゃないんだと知ってノリで買いました。不安を抱えている自分を励ますつもりでもあったと思います。それまで使ったこともない高級イヤホンを耳に入れ、聞こえてくる好きなアーティストの声に背中を押されながら、ぼくの海外一人旅は再スタート。

なのでBOSEのパッケージを開ける時は、新しいものを買って使うワクワクが半分。その時の思い出が蘇ってソワソワする気持ち半分。甘酸っぱい(?)ぼくの旅の思い出でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。