ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day.8 カンボジアから陸路でタイへ【ビザラン】

投稿日:2015年11月27日 更新日:

2015年11月27日【建設8日目】

 

昨日早く寝たのに、タイまでバイクで往復してヘトヘト。

まぶたが2トンくらいあるように感じながらブログを書いています北川勇介(@yusukeworld_)です。





電気のない生活

電気のない村の夜は早い。

昨日は、就寝が19時半という村ならではの早さで即寝。

 

疲れが溜まっていたのか、ぼくも完全に熟睡。と思いきや。

 

「うわ〜めっちゃよく寝た〜」

 

って目覚めたら深夜12時。

 

どうすりゃいいんだ、残り7時間・・・。

 

そして・・・。

 

蚊帳張って寝たのに、なぜか虫に刺されてる。

 

もしくはダニ。

 

かい〜!!!

 

そんな東南アジアの虫対策にはこれが超効きます。

 

以前、井戸掘りを手伝いに来てくれた大学野球の先輩古谷さんが使っていて効果抜群だった虫除けジェル。

 

こいつが枕元にいてくれたおかげで、手足に塗りたくった後は熟睡できました。

 

二度寝して起きたら6時。

「今日もスッキリ目覚めたぜい!」

って思いながらもう一回目閉じてみたら7時半だった。

 

三度寝野郎です。

 

慌てて飛び起き、村のママさんが用意してくれた朝飯をチャチャっと食って8時に村をでた。

 

カンボジアで人気のしばふの人が・・・

今日目指すはカンボジアとタイの国境ポイペト。

国道6号線をひた走って、国境の町ポイペトへGO。

 

ロンデン村から1時間走った辺りで、シソポンという街に到着。

ガソリンを補給しつつ休憩していると、何やらイカついライダーがフラフラ〜近寄ってきた。

 

やばい!!!!!!!!

襲われる!!!!!??

 

って思ったら。

 

あれ?野池さん!!

 

野池さんはシェムリアップでカフェGrren on Peaceを経営しているカンボジア在住者!

カンボジアのしばふカフェ(Grren On Peace

現在は閉店、日本に帰国され、ますますハッピーな日々を過ごしてます。

 

 

「お〜!やっぱゆーすけやんな〜!」

って言いながらまさかのこんなところで再会。

シソポンから残り50キロを二人でツーリング。

 

国境手前で別れて、ぼくは一度カンボジアから出国。

 

野池さんは・・・何しにポイペトまで来たのでしょう。

謎は深まる・・・ばかりです。

 

カンボジアからタイへ、タイからカンボジアへ

今日でビザ切れるのすっかり忘れていて、数日前に突如決めた今回のビザラン。

 

カンボジア出国してタイに入国して、ここまではいいんです。

緊張したのは、タイに入国してからのこと。

 

通常タイの町へ抜けていく入国者のルートから、急にぼくだけ外れてタイの出国ルートへ。

「さっき入国したばかりでもう出国できるんかな〜?」

「出国できたとしてもカンボジアに入国できるかな〜?」

って、正直ビビりまくってました。

 

途中、話かけてきたヤツが「どこまで行くんだ?バンコクか?バスを手配しようか?」って言うからカンボジアに帰るって伝えた。

「よし!俺がビザを手配してやる」って言うから「持ってる」って答えた。

 

ボーダーはこういう商売が多い。

代行して正規の値段よりふっかけてこようとする人たち。

 

ぼくは2年のマルチビザ(2年以内なら30日間の滞在が何度でもできる)をもっているので、カンボジアへの再入国にあたってビザを申請する必要は無い。

「カンボジアはどこまで帰るんだ?」って言うから「シェムリアップ」って答えた。

 

「よし、バスを手配しよう!」って言うから「バイク持ってる」って鍵を見せて答えた。

なす術をなくした彼は悲しそうに去っていった。

 

一生懸命営業かけて来たのにごめんね。

 

カンボジア出国手続きと、タイ入国手続きはすごい空いてたので超スムーズにタイ側のアランヤプラテート側へ。

多分、バスとかでやって来る旅行者と時間が重ならなかったのが空いていた原因かな。

 

帰りのタイ出国は相変わらずのマイペースタイ人のおかげでちょっと時間かかったけど、手続きもすんなり。

怪しまれることなく出国からの無事カンボジア再入国。

 

カンボジア国境の町ポイペトからの帰りカンボジアの鉄道を発見

同じカンボジアでも、ポイペトにはトゥクトゥクが全然いない。

 

バイタクばかり
。

そしてちょっと臭い。笑

 

ここでもシェムリアップ行きのバスやらタクシーやらおすすめしてくる野郎がたくさんいた。

一人どうしても話のわからん野郎がずっと着いてきた。(ずっと営業して来る)

 

無視してバイクの場所まで戻ってまたがったら、ようやく理解したらしく彼もまた悲しい顔をして去っていった。

 

ロンデン村を8時に出発して10時過ぎにポイペト到着。

もろもろ手続き終わって11時半にはカンボジアへ再入国。

 

まだお腹減ってなかったので、少し戻ってシソポンでご飯食べようかなってバイクを走らせた。

 

途中、今は使われていないカンボジアの鉄道の線路を発見。

「これは珍しい!」って思ったけど、別に線路の写真自体は、カンボジア感が無いことを撮ってから気付いた。

 

シソポン戻ったら戻ったで、ここまで来たんだからもうちょい走ろうってなって結局村まで帰った。

学校建設はちゃんと進んでいて25か所の穴の中18か所の土台の基礎ができていた。

でも、大工さんの姿はそこにはなかった。(おい!)

 

待ちに待った仲間の合流

今日は大学時代の友人将太と将太の仲間の小林さんが合流。

 

将太が、モバイルプリンタのインクと写真用紙を差し入れしてくれましたー!


L版800枚、2L版200枚!!!

 

なんでインク?なんで写真用紙?って人はこちらをどうぞ。

関連記事:【好きを仕事にする】ぼくのバックパックが人よりちょっとだけ重たい理由

 

明日から、この2人が呼びかけて集まってくれた日本人5人も合流して明後日からホームステイっす!

賑やかになりまっせ!

 

>>>将太のブログ

 

(追記)

2016年12月31日から、ビザを取得せず陸路でタイへ入国できる回数が年2回までに制限されました。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.