ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day.7 ゲストハウスにいると出会いと別れの繰り返し

投稿日:2015年11月26日 更新日:

2015年11月26日

 

建設7日目

 

今夜は一人で村泊まり。忘れ物がないか不安な北川勇介(@yusukeworld_)です。





出会いがあれば別れもある、そしてまたタイミングよく出会うことも

最近宿で仲良くなったけんちゃんと、ユウキくんが帰国ってことでお別れしてから村に来た。

 

二人とも「手伝えなかったけど応援してるよ」って言ってくれた。

 

ユウキくんは同じ静岡だし、また会えそう。

 

けんちゃんも、なんとなくだけど、また会いそうな気がする。

img_5105

(追記)

実際にけんちゃんとは、この後何度もシェムリアップで再会し2016年に行われたトイレ建設にも足を運んでくれました。

 

けんちゃん、本当にいつもありがとう!

関連記事:カンボジア・みらいスクールのトイレ建設まとめ

 

クメール語の読み書きができる2人が登場

今日はチョルモイツアーズという旅行会社を経営するあきらくんと、JVCという団体でインターンをしているあさみちゃんが来てくれました〜!

 

あきらくんは学校建設の経験もあるし、カンボジア滞在がまもなく4年目を迎える強者。

 

日ハムの中田翔に似すぎてて強面だからなのか、村の子ども達はあきらくんにビビりまくってた。

 

心なしか子ども達の声が小さかったのが可愛い。

 

あさみちゃんはシェムリアップ生活2ヶ月目。

 

JVCという団体で、農業や教育支援をしている女子大生。

 

クメール語が読み書きできるというマニアックぶり。

 

本日の後悔は、二人の写真を撮り忘れたこと。

 

でも本当によく動いてくれました。(あさみちゃんは速攻で腰やってたけど)

 

午前中は掘った穴に岩を投げ入れて、たたき込んで基礎を固める作業。

img_5093

午後からは土台となる柱を作るのが、あまりに専門的すぎて手が出せず。

 

ぼくら3人は憩いの場を作ることに。

 

学校建設の入り口には、シンボル的な大木が生えているんだけど、その木を生かして、木の下にベンチを作ろうって話になった。

 

昔あったCMの「この〜木何の木、気になる木〜」って木に似ている大きな木。

 

写真ないけど。

 

本当にあるんだよ。

 

一度見に来てね。

 

この間、マムシいたけど。

 

んで、木の下の雑草刈ったり、無駄な木の根っこ抜いたりで時間かかりすぎた。

 

この作業はまた後日。

 

業者のおっちゃんたち二日酔いらしく、午前中テンション低かったけど、毎日一生懸命働いてくれてて感謝だわ。

朝から大工が飲んでいた小学校建設の記録は昨日の記事

 

村の子、ミニーは家に誰もいなくて寂しいのか毎日遊びにやって来る。

img_5096

「シェムリアップへ帰るの?」と聞いてくるので、「今日は帰らない」って答えたら、自分ちに泊まると勘違いしたのか、一瞬喜んだものの、いつものホームステイ先だとわかるとちょっぴりしょげてたミニー。

 

今日は村に泊まって、明日はタイまでバイクで走る。

 

明日でビザが切れちゃうんで、ビザランってヤツっすわ!

 

シェムリアップ⇆ポイペト往復約300キロか・・・。

 

頑張って走りまーす!

 

(追記)

現在は、陸路でのタイ入国が年2回までに制限されました。

関連記事:ビザなしで陸路でタイに入国するのが年2回までに制限だってさ

 

day007

記事の最後に、毎日同じ場所から撮影した経過写真を載せて行きます。

学校建設の様子をぜひチェックしてください。

 

みらいスクールのTwitter、Facebookもあります。

ぜひ、いいね、フォローをお願いします。

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.