カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

【29日目】常夏の国のサンタクロース!雪のないメリークリスマス

2015年12月24日【建設29日目】

世間はクリスマスイブですね。

ぼくらは今日から、泊まり込みで大晦日までロンデン村にいます。きっと君は来るよね?

今日から一緒にホームステイに来てくれる3名の参加者と、シティゲストハウスで出逢った仲間たち4人が日帰りで帯同してくれて賑やかな1日。

日帰りで参加してくれた池さん、いくるちゃん、さやかちゃんが前日にクリスマスプレゼントってことでお菓子を用意してくれて、それを子ども達と一緒に食べました。

物をあげることについて

村の子どもと遊ぶ様子

お菓子をあげることって、ぼくは「なんだかなぁ」って阿藤快みたいな心境でした。

お菓子に限らずだけど、物をあげて一時だけ喜ばせても、もう次は来ない人たちが気持ちいいだけで、子どもたちのためになるとは思えなかったから。

日帰りで参加してくれたメンバー

でも池さん達も浅はかな考えではなくて、学校建設の手伝いに村へやって来るだけでも、いろんな考えを持ってきてくれてた。

一時的なことなら、関わらない方が為になることもあるって言葉が印象的。

支援の表面だけでなく、その先までを考えてくれている。

その時期がたまたまクリスマスイブだったってだけのことって話していくうちに感じました。

「来年のこの時期もきっとカンボジアにいるから、今回も次回も今できることをさせてもらうわ」

って言ってくれた、池さん達の申し入れを受けることに。

常夏のサンタクロース

雪の降らない国で生まれ育って、サンタクロースなんて知らない子ども達。

ぼくたちが赤い帽子をかぶったり、角の生えた髪飾りで何をしているのか理解するのに時間はかかったけど、参加してくれたみんなの温かな心尽しは届いたようだった。

池さん、いくちゃん、さやちゃん!

いろいろ準備してくれた上に、手伝ってくれて本当ありがとう!

本日の建設現場

バケツリレーの様子

作業は日々加速していて、今日は学校の最前列の柱にモルタルを流し込む作業。

人がいてくれると本当に楽しい。

1人でやってると虚しくなったり、飽きたりすることも人がいるから頑張れるんだなって思う。

レンガ運びとモルタルのバケツリレーがメインだったんだけど、今日こそ人がいてよかったって思うことないくらい。

途中からモルタルのバケツをラーメンの替え玉に見立てて、ラーメン屋のバイト風にバケツリレー。

単調な作業ほど、楽しみを見つけるのが一番。

子ども達は池さんが持ってきたけん玉にハマってた。

けん玉で遊ぶ様子

ナリーンの顔が必死すぎる。

作業の様子

恒例のやってる感の写真。

本日のモデルはいくるちゃん。

女の子に照れる男の子

ヨンティサンタはお姉さんトナカイにメロメロだった。

お年頃だな。

子どもと自転車に乗る様子

ぼくは幼稚園にお迎えに行った、現地のパパって言われてた。

建設作業の後の集合写真

みんな!不慣れな作業を本当にありがとう!いい仲間に会えた。みんな、また会いましょう。

カンボジアの学校建設地29日目の様子

昨日の建設現場

カンボジアの学校建設地28日目の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。