ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day29. 常夏の国のサンタクロース!雪のないメリークリスマス

投稿日:2015年12月24日 更新日:

2015年12月24日【建設29日目】

 

世間はクリスマスイブですね。

ぼくらは今日から、泊まり込みで大晦日までロンデン村にいます。

 

今日から一緒にホームステイに来てくれる3名の参加者と、シティゲストハウスで出逢った仲間たち4人が日帰りで帯同してくれて賑やかな1日。

 

日帰りで参加してくれた池さん、いくるちゃん、さやかちゃんが前日にクリスマスプレゼントってことでお菓子を用意してくれて、それを子ども達と一緒に食べました。





物をあげることについて

img_5341

お菓子をあげることって、ぼくはなんだか最初は納得できなかった。

 

お菓子に限らずだけど、物をあげて一時だけ喜ばせても、もう次は来ない人たちが気持ちいいだけで、子どもたちのためになるとは思えなかったから。

 

でも池さん達も浅はかな考えではなくて、学校建設の手伝いに村へやって来るだけでも、いろんな考えを持ってきてくれてた。

一時的なことなら、関わらない方が為になることもあるって言葉が印象的。

img_5348

支援の表面だけでなく、その先までを考えてくれている。

その時期がたまたまクリスマスイブだったってだけのことって話していくうちに感じました。

 

「来年のこの時期もきっとカンボジアにいるから、今回も次回も今できることをさせてもらうわ」

って言ってくれた、池さん達の申し入れを受けることに。

cambodia116

雪の降らない国で生まれ育って、サンタクロースなんて知らない子ども達。

 

ぼくたちが赤い帽子をかぶったり、角の生えた髪飾りで何をしているのか理解するのに時間はかかったけど、参加してくれたみんなの温かな心尽しは届いたようだった。

 

池さん、いくちゃん、さやちゃん!

いろいろ準備してくれた上に、手伝ってくれて本当ありがとう!

 

本日の建設現場

作業は日々加速していて、今日は学校の最前列の柱にモルタルを流し込む作業。

 

人がいてくれると本当に楽しい。

1人でやってると虚しくなったり、飽きたりすることも人がいるから頑張れるんだなって思う。

 

レンガ運びとモルタルのバケツリレーがメインだったんだけど、今日こそ人がいてよかったって思うことないくらい。

1919189_908940019190076_5869201161793279656_n

途中からモルタルのバケツをラーメンの替え玉に見立てて、ラーメン屋のバイト風にバケツリレー。

単調な作業ほど、楽しみを見つけるのが一番。

 

子ども達は池さんが持ってきたけん玉にハマってた。

12376000_908940329190045_5082522051322822834_n

ナリーンの顔が必死すぎる。

 

cambodia119

恒例のやってる風写真。

本日のモデルはいくるちゃん。

cambodia118

ヨンティサンタはお姉さんトナカイにメロメロだった。笑

お年頃だな。

12375997_908940442523367_6540390757286791291_n

ぼくは幼稚園にお迎えに行った、現地のパパって言われてた。

 

cambodia115

みんな!不慣れな作業を本当にありがとう!

 

いい仲間に会えた。みんな、また会いましょう。

s__95961099

 

 

day029

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.