ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day.28 身体をつくる水で身体を壊すかもしれない話

投稿日:2015年12月23日 更新日:

2015年12月23日【建設28日目】

 

建設が始まってからこれまで参加数トップのチョルモイツアーズあきらくんが更に記録更新!

これで5回目。完全に単独首位を駆け抜けております。

 

忙しい中、半日だけでもって来てくれて本当感謝だわ。

 

そして昨日、彼女が到着したんです。

カンボジアは4回目だけど、毎度毎度来る度にカンボジアの暑い気候にやられてる。

 

嫌いな言葉は「日焼け」と「紫外線」。

そんな人がついに今日から現場入り。

 

ウイダーインゼリーとカロリーメイトを毎回箱買いしてくるんだけど、今回は荷物多すぎて断念。

なんとか東南アジアの気候と食事を乗り切ってもらいましょう。

 

初日からふじっこ(塩昆布)をバリバリ食べてます。

img_5358

どなたか差し入れをお願いします。





img_5332

こんな感じで、先日木枠の中に流し込んだコンクリートが固まって、柱が立ち始めてる最近の様子。

また少し建設現場感が増して来ましたね。

 

それでも、あいかわらず、毎日セメント作業に追われております。

 

「これ終わったら次は何するの?」

って聞いたら、「建物の中の部分に大量に水を撒いて土を引き締める」とのこと。

 

これまで作業に必要な水は、すぐ近くの田んぼからバケツで組み上げて運んでたんだけど、今回はとんでもない量が必要になるらしい。

少し離れたところに、もう一つため池があるので、そこから持ってこようって提案したら、

img_5329

「あれは村の飲み水だからダメなんだ」

って言われた。

img_5330

ほーう。

これが飲み水。

 

ぼくらは毎日ミネラルウォーターを大量に買い込んで、氷で冷やして飲んでいるんだけど。

同じ作業しているカンボジア人たちはこの水を飲んで、この水で調理してご飯を食べている。

 

同じ世界観で物事を見ているつもりでも、こればかりは超えられないかもしれない。

共生するって本当に難しい。

 

飲めって言われたらもちろん飲めるだろうし、これしかなかったら飲むしかない。

でも「当たり前の基準」が違うと、やっぱどうしても腰がひける。

 

この水を見て、「これ飲んでお腹壊したらどうしよう」とぼくは思う。

でも、実際にぼくの隣には、「お腹を壊すかもしれない水」を飲んでいる人がいる。

 

身体をつくるはずの水が、もしかしたら身体を壊す原因になってしまうかもしれない。

 

これもまた事実。の一つ。

 

この辺の知識ないので下手なこと言えないけど、いい方法知っている人いたら教えてください。

 

本日の現場

img_5334

最近加わったレギュラーメンバーのさっこが奮闘してくれております。

img_5336

セメントのバケツを組み上げて、柱に流し込む作業。

意欲もあって、覚え込みも早くて、要領もいいので助かる。

 

img_5333

はい。

 

ヤラセ写真。

 

村に泊まろう

明日からぼくらはシェムリアップに戻らず、村泊まりになります。

 

シティのお客さんたちも大勢来てくれて9名で明日は作業!

楽しみだな〜!

 

今日帰りにガス欠したんで、農業車のポールに掴まってガソリン売ってる場所まで連れてってもらいました〜。

cambodia117

 

村でバイクが不調になると厄介なので、出発前にチェックしておきましょう。

そんな感じで。

 

day028

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.