カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

【77日目】屋根が届いたのでチケットを破いた人がいます

2016年2月23日 / 建設77日目

昨夜から再び村ごもり(通称、合宿)が始まったんだけど、バイクが一台しかないので、昨日頼んでおいたホンさんが迎えに来てくれた。

迎えにきてくれた人

自慢のサイドカーで。

サイドカー

こんな感じで移動しています。

サイドカー移動

こういった乗り物は地味に参加者に人気。

学校に着くと、すでにロムさんとテラーは準備をしてくれていて、今日は真ん中の教室の教壇をモルタルで固める作業。

ラジオ体操

ぼくらは何故かまきの呼びかけでラジオ体操第一。

やましょうがなぜか前傾姿勢。体幹弱すぎ。

猛暑のバケツリレー

その後は恒例のバケツリレーで流し込むんだけど、今日もまたとんでもなく暑い。

野球部の夏の練習並みに。

こいつらは、野球部なので多分この日差しは大丈夫。

屋根の資材が到着

屋根の資材が到着

途中、昨日バンコクに着いたしゅういちから今から次の目的地へフライトだと連絡をもらった、まさにその時。

しゅういちが心待ちにしていた屋根の資材が届いた。

青い屋根

注文通りの青い屋根。

瓦やトタンではなく、ラスレルーフという素材の屋根を使用。

カンボジアの言葉ではないらしいけど、カンボジアの人たちはシープローって呼んでいた。

瓦より軽くて、トタンより強く、日光の光を溜め込まない。

耐熱性・耐久性・軽量性のバランスが取れた素材。

瓦は重くて割れやすかったり、トタンは安いけど錆びたり、雨の音が響きやすかったりする。

今回取り寄せた素材はポリカーボネートなので錆びないし、雨の音も響かない。

色は訳あって青を選択。

思っていたよりも鮮やかな青で大満足!

いや〜早く設置しないかな〜!

屋根のサイズ感

屋根のサイズ感です。

チビーズたちと比較してこれくらい。

何かの参考にしてください。

作業風景

そんなこんなしている内に、メンズ達の頑張りにより午前中でもう一つの教室の教壇へのモルタルの流し込みが終わった。

この二人のチームワークも絶妙。

はるかの告白

昼休憩

そして!昼ごはん食べながらはるかが一言。

「バスチケット破ります!(てへぺろ)」

出たーーーーーーーーーーー!!!!

恒例のチケット破り。(しゅういちとくるみは破らなかったけど)

ってことではるかは、帰国日を伸ばして25日以降もカンボジアに残ります。

昨年12月くらいから絶えず誰かが来ていてくれた学校建設。

今一緒にいるはるか、アキくん、やましょうが帰国した後は今の所誰も来ない。

今月中には終わらせるぜ!

とか言ってたけど、本当に僕らの帰国にすら間に合うのか不安になってきた。

「後何%くらい作業残っているの〜?」って聞かれてもよくわかんないけど、とりあえず・・・。

  • 梁から屋根までのレンガ積み
  • 壁塗り
  • 窓、ドア、雨避けの設置
  • 屋根の設置
  • 廊下、階段、スロープ仕上げ
  • ペイント

・・・けっこうまだ残っているじゃねぇか・・・。

そんな感じの作業が残ってるんで誰か来て下さ〜い。(現在は建設工事は終わっています。)

 

鉄筋を組む仕事

午後からは、地味な鉄筋の枠組みづくり。

これまでもたくさんの人が鉄筋組んでくれて、柱の一部になってまっせ!

見えない部分だけど、みんなの想いはちゃんと形になっています。

 

追伸

やましょうが毎晩トランプの大富豪をやりたがっていて大変です。

おかげで寝不足です。

日中もっとこき使ってヘトヘトにしてやろうか!

古谷さん、やましょうを叱りに来てください。

カンボジアの学校建設地77日目の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。