【78日目】教壇が完成したり教室前の通路にモルタルを流し込んだ日

2016年2月24日 / 建設78日目

今日はアキくん、やましょう最終日。

早すぎる。

3日間かけてやるはずだった教壇は昨日終わってしまい。

このお掃除おばさんが言い出しっぺの、昨日のラジオ体操は本日にはもう忘れ去られ。

今日は何やるんかな〜。

なんて思いながら学校行ったら。

本日の作業風景

通路のモルタルやってる〜!

ガタガタ道で歩きにくかった通路がこれでやっと歩きやすくなる〜。

Bboothのみんなが必死に埋めてくれた大量の土と重たい石。

そんな土台がいよいよ固まるよ〜!

工期は伸びているものの、毎日確実に前に進む作業。

進展が目に見えるとやっぱ嬉しいわ〜。

そうたとつばさが来てた時も感じたけど。

20代前半の男子たちの体力はやべ〜。

負けね〜なんて思ってたけど、みんな気合い入ってて頼もしいわ。

若者の労働

高校野球で鍛えられてるアキくんとやましょうも毎日元気。

ちなみにやましょうはすぐへばるけど、へばってからが長いタイプらしい。何そのタイプ。

 

明日からはまきとはるかのチビーズコンビになるので、今日のうちに作業しない部分にも砂を運び、セメント袋を運び。(はるかは昨日チケットを破ったので)

作業風景

元高校球児男どもの体力を、最大限に活用させてもらった。

作業後の集合写真

1日がかりで通路の半分ちょいが埋まる。

屋根の骨組み

屋根の骨組みも着々と進んでるんだけど。

なんと!!

頼りのホンさんがIDカードの関係で一度ポイペトに帰るって言い始めた。

おめ〜この間もチャイニーズニューイヤーで帰っただろうが!

とは言わず、不安な気持ちいっぱいで送り出した。

本音は「いやまじなんでこのたいみんぐ?」って思っています。

マジで早く帰ってきてくれ〜。

夏の井戸掘りも手伝ってくれて、今回もまた来てくれたアキくん。

その時に来れなかったやましょう。

アキくん、やましょうお疲れ〜!

来てくれて本当ありがとな〜!

2人が最後の日本からのお手伝い。

完成を2人と見たかったけど、作業はまだまだ山積みだ。

それでも教壇は3教室とも完成。

通路も半分以上埋まった。

2人の力がなかったら難しかったわ。

本当にありがとう〜!

最近の校舎の外観です。

帰路

二泊三日の合宿明けてシェムリアップへ戻るところです。

トゥクトゥクに載せた荷物の中から、やましょうがぼくの一眼レフで遊び始めたので、注意しておきました。

やましょう

はるかに「やましょう、学校建設どうだった?」と聞かれて「いや〜いろいろ考えましたね〜」と答えていたそうです。

多分はるかが聴きたかったのは、そのいろいろ考えた中身なんでしょうけど。

カンボジアの学校建設地78日目の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。