BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

みらいスクール 小学校建設日記

【みらいスクール】カンボジア小学校建設76日目

更新日:

2016年2月22日

 

建設76日目





朝7時半、思っていたよりも早くしゅういちとくるみの迎えがやってきた。

チケットを破らず定刻通りのバスで、ゲストハウスから出て行った2人。

本当にいなくなっちゃうんだなと実感。

 

ハッキリ言おう!

 

すっげー寂しい!

 

しゅういちが「これ使ってください」と、自分で買ったバイクを置いていった。

 

「使い終わったら売ってお金にして、学校の机と椅子を買ってください。」

 

どこまでお前は優しいんだ!!!!!

 

そして、しゅういちが仲間からお金を集めて購入してくれた校庭の机と椅子。

 

必要な分を購入して、残ったお金もいただきました。

 

しゅういちの仲間の皆様。

 

このお金も完成した後、必ず机と椅子に使います。

 

本当にありがとうございます。

関連記事:しゅういちと仲間たちのおかげでみらいスクールの工程にテーブルを買ってくれた回はこちら。

 

日本からやってきた最後のメンバー

昨日から合流したアキくん、やましょう。

 

2人とも大学の先輩の古谷さんの教え子。

関連記事:カンボジア小学校建設38日目(古谷さん登場の回)

 

アキくんは8月の井戸掘り以来。

やましょうは初海外。

そしてはるかを連れて3人はトゥクトゥク、僕と眞紀はしゅういちからもらったNEWバイクで。

 

最近2日に1回はパンクすることで有名なしゅういちのバイクは、今日も早々に綺麗にパンク。

 

これはだいぶおかしい。

 

今回の合宿が終わったら直そう。

 

パンク修理して遅れて到着後、すでにクワとスコップを持って昨日作った教室の教壇の中に土を運び入れてくれていた3人。

はるか、ナイスプレー!(10pt!!)

 

強風が吹き荒れた昨日とは違う灼熱の気候の中、「バテてからが長い」というやましょうがフラフラになりながら土を掘り起こす。

しゅういちとくるみがいなくなって静かになると思われた現場もちゃんと笑顔と会話が溢れて賑わっていた。

 

安心。

 

今日は1日、土や砂を運ぶ地味な作業。

 

Before

 

After

夕方からモルタルを作って一番右の教室の教壇に流し込んでいく。

 

Finished

レンガで仕切られていただけの時よりも、形になって少し大きく感じる。

 

また少し部屋が教室らしくなってきた。

 

今回合宿しているはるか、アキくん、やましょうが日本から来てくれる仲間の最後のメンバー。

まだまだやることはたくさんある。

 

3人がいてくれるうちにガツンと進めたい。

ぼくが帰国するまでも1ヶ月を切った。

 

自分も完成を見られるのか不安。

 

ってことで3月15日まで、お手伝いに来てくれる方を追加募集してまーす。

 

お気軽にお問い合わせくださーい!

(現在は建設工事は終わっています。)

 

追伸

アキくんのお土産は底をついていた、ふじっことのりたまのふりかけでした。

 

おいしいはずの村のご飯に飽きてきてしまったここ最近。

 

本当に重宝します。

 

日本じゃ食べないけど。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.