ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

【カンボジア小学校建設】みらいスクール建設日記83日目

投稿日:2016年2月29日 更新日:

2016年2月29日

 

建設83日目





四年に一度のうるう年。

 

朝行くとはるかが到着していて誰かとテレビ電話してる。(昨日ユッカだけ帰ったので、はるかは一人で村泊まり)

 

「あ、はい!じゃ18日からで!あ、はい!よろしくお願いしますー!失礼します。」

 

とか礼儀よく言っちゃってる。

 

「あ、おはよーございまーす!15日まで残りまーす!」

ってことでこいつ。

 

チケット破りやがった。(二回目)

何人目でしょうか?

 

1月末くらいから僕の周りで流行ってるチケット破り。

この人や。

この人や。

この人は・・・ただのバス、ミスブッキングだわ。(シアヌークビル行きの時)

 

神様に誓って言えるのは、ぼくは全くチケット破りを強要していないってことです。

 

彼らは彼らの意思で予約したチケットを破って延泊して、手伝ってくれています。

 

感謝です。

 

今日はシティのドライバーはネインではなく、ピロムが参上。

半日でペンキ塗りに飽きてたネインとは違い、ピロムは一日中手伝ってくれた。

 

ざす!!

 

午前中ホンさんたちは、花壇や階段周りのモルタル作業してる。

 

それ最後でもいいから屋根とか柱進めてくんねーかなー。

 

それか窓枠はめてってくれねーかなー。

 

はるかはロムさんのお腹にペンキつけてるしさ〜。

ロムさんまだ47歳なのに、ロムじいさんって呼ばれ始めてるしさ〜。

ほんで。

 

昼ごはん挟んでハンモックに横になってたらもう午後の作業始まってた。

 

あれ?

寝すぎた。

 

最近朝もそうなんだけど、全く起きられない。

 

目覚ましの音がかすかにも聞こえない。

 

ヤバイわ。

 

起きたら眞紀とはるかとピロムは引き続きペンキ塗り。

ホンさんたちは新しい柱に木枠をはめ込んでる。

そして昨日流し込んだコンクリは固まって柱になった。

今日は新たに5箇所のコンクリ流し込み。

 

上ではホンさんが。

下ではロムさんが。

テラーのことをいいように使う。

何このポーズ。

 

テラーは一度動き出すと歯止めの効かないタイプで、しかも雑。

 

ホンさんが流し込んだコンクリの一部がはみ出して壁についた。

 

ロムさんの指示でテラーに水をかけろって言ったら周りのこと全く気にせずジャバジャバかけちゃう。

 

ペンキ塗りたての窓には飛び散るわ。

 

こっちにも飛散するわ。

 

ホンさん上でびしょ濡れ、悶絶。

 

ロムさん下では激おこ、プンプン丸。

 

「もういいぞ」

 

って言われてもまだ水かけちゃう・

 

テラーみたいなやつは、もしかしたら一般的には問題児扱いされるかもしれない。

 

でもこういうやつの方がおもしろい。

 

ヤンキーや問題児、引きこもりとか一般的にいう普通からはみ出す人にははみ出すエネルギーがある。

 

言い方を変えれば飛び出す力がある。

 

そのエネルギーの使う方向さえ変えてあげられれば、そのエネルギーは一般的な『普通の人』にはないパワーを持っている。

 

でも学校でも社会でもこういうパワーを正しく使わせる力が足りないとクビにしたり退学させたりして、自分の目の前から消していくのかもしれない。

 

それはまた同じような人が来ても新しい対処策はないし、もったいないこと。

 

何も進んでいない。

何も解決していない。

 

組織ってのは上に立つ人の器以上には育たない。

 

器が大きければ、優等生も問題児も、ヤンキーも真面目ちゃんも、いじめっこもいじめられっこもみんな大事に育ててくれる。

 

もちろん問題あることは叱られるべきと思うけど。

 

見捨てて終わったらもったいない。

 

これからもこれまでも、一番大切にしなきゃいけない資源は人の力だと思うわ。

 

今後、テラーがどうなっていくか楽しみだ。

 

聞く耳持たんヤツだけど。笑

追伸

はるかが一度バイクに乗ってシェムリアップに帰るようです。

ピロムは1日頑張ったからなのかお土産で鶏をもらってました。

まだ生きています。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.