カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

【88日目】屋根の取り付けが始まった日

2016年3月5日 / 建設88日目

参加者

今日はシティゲストハウスで出逢ったテラとトモを連れて現場入り。

テラ

テラは現役で教員採用試験突破して4月から小学校の先生に。

トモ

トモも教師志望で同じく合格を狙う新四年生。

 

建設現場に行ってもホンさんとロムさんは今日も戻ってきていませんでした。

切り替えているメンバーで頑張ります。

午前中はペンキ塗りとモルタル練り。

背の高さの違いが顕著ですな。

ペンキ塗り

テラとはるか。

ペンキ塗りの様子

トモとまき。

まきとはるかは本当に根気強く、毎日ペンキ塗りを続けてくれています。

二人ともハケ握りすぎて腱鞘炎気味。

 

真ん中の教室の通気口 on 通気口が始まっていて、途中からは教室の境の壁も積み上がり始めた。

昼は今日もOHANAのじゅんちゃん弁当でした。

恒例の食後の昼寝は、「最近寝すぎ!」って言われてしまったので自粛。

熱唱している様子

何もしていないと寝てしまいそうなのでカラオケして、休憩している人たちから顰蹙を買ったりして過ごしました。

 

そんな時ホンさんとロムさんが帰ってきた。

「ごめんね」って真剣に言うまで会話しないって決めていた。

そしたら「ごめんね」どころか開口一番「ピーバー!(大変だー)」

何がだよ。

無視してガン飛ばしたら、さすがに察したらしくむだ話なく作業に入る。

屋根の取り付け

しばらくして、これまでの参加者が待ち望んでいた屋根が取り付けられた。

青い屋根が、青い空をバックにしつつもしっかり映える。

取り付けられていく屋根

鮮やかな色の屋根が一枚、また一枚と取り付けられていく。

屋根の取り付けの様子

壁を積み上げてたヒムさん(次期村長候補暫定一位)が、ホンさんの屋根のフォローに入ったので、ぼくがヒムさんの代わりに上に登る。

高所での作業

足場の板がグラグラすぎて、ふくらはぎの変な筋肉使いまくって攣りそうでした。

手伝ってくれた人

トモとテラも1日動き続けてくれて、本当に助かったよ。

トモは今夜旅立っちゃうんだけど、テラは明日、明後日と来てくれるらしい。

今日来てくれた二人は村のお母さんに人気で、カウラーとホンソワのお婿さんになってと言われていました。よかったですね。

作業後の集合写真

はるかも途中熱中症症状で参ってたけど、屋根が取り付けられたら何故か泣いていた。

学校建設の過程を長く見てきた人たちは、それぞれ感動ポイントを持ってて、何か進むと涙を流す。

素直にすごいな、優しいな、愛だなと思う。

ぼくは人のプロジェクトで泣けるのかな?とか思う。

そこまで人に力を使えるのかなって。

みんな心が温かすぎでは?

そんなすごい人たちに囲まれてるから、ついつい甘えが出て、やらなきゃいけないこと疎かにしたり、嫌なこと言っちゃったりする。

やっぱりぼくにはリーダーとかキャプテンの資質はないんだろうな〜って思いながら、この学校建設は、自分の弱いところがポロポロ出てきたまさに自分を鍛える修行だった、という学びを得ました。

まだもうちょい続くけど。

自分の心が甘いから、せめてコーヒーくらいは甘くないやつ飲もうと毎朝ブラックコーヒー飲んでます。

 

追伸

安心してください。

はいてなさそう

はいてますよ。

はいています

ほらね。

カンボジアの学校建設地88日目の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。