ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

【みらいスクール】カンボジア小学校建設87日目

投稿日:2016年3月4日 更新日:

2016年3月4日

 

建設87日目





昨日の夕方、買い出しから帰ってから見かけないなーって思ってたホンさんとロムさん。

 

今朝もいない。

 

ムンさんちに行って聞いてみたら「ポイペトに帰った」と。

 

またかよ。

 

理由聞いたら

 

「家族に会いたいから」だと。

 

知らないよ。

 

この間帰ったじゃん。

 

その前もチャイニーズニューイヤーで3.4日帰ってたじゃん。

 

なんなら奥さん、子どもも会いに来てたじゃん。

 

もう時間がないってこと伝えたのに昨日は二日酔いだし、今日はいないし。

 

工期は伸びてしゅういちやくるみは完成を見れずに帰って行ったし、はるかは二回もチケット破って残ってくれているのに。

 

多くの仲間達が、完成を心待ちにしているし、一生懸命手伝ってくれていたのに。

 

全然伝わっていないのかなって思ったら悲しくなってしまった。

 

話は変わって。

 

村でいつも水を買う店では、いつも12本入りを3500リエルで買う。

 

今日は「新しい水だから4000リエル」って言われた。

 

新しい水の概念がよくわからんけど。

 

本当なのかウソつかれてるのかよくわからないけど。

 

500リエルは12〜3円だからまぁいいっちゃいいけど。

 

言われた金額をそのまま出してたことに調子乗って来てるんだったら悲しい。とかそんな見方になってしまう自分が悔しい。

 

「外国人価格」が存在するカンボジアだから、多少高く言われるのは仕方のないこと。

 

でももし、3年も出入りしている村で急にセコセコお金取ろうとしてるならなんて悲しいことなんだと思ってしまったりもする。そんなこと思いたくもないけど。

 

言葉の通じない国で何かするってのは本当に簡単なことじゃなくて。

 

文化が違えば常識も違って。

 

言葉が分からなければ伝えたいことも伝えられなくて。

 

結局世間知らず、力不足の自分が悪いんだけど。

 

簡単にわかるウソやその場しのぎのウソ。

 

これほど信用を壊すものはない。

 

できないことは言わなければいい。

 

もしくは、できないならできないと言えばいい。

 

ぼくにはできないこともできる人がいて、ぼくが困っている時には手を貸してくれる人がいる。

 

だからぼくにできる何かで、困っている人の力になれらば嬉しい。

 

話を元に戻せば、「家族に会いたい」って気持ちは素晴らしいことで大切な気持ちだと思う。

 

でも自分がこうしたいって気持ちだけでは動けない。

 

ましてやこの状況で。

 

終わるのかな。

 

もし終わらなかったら、ぼくは大切な仲間の結婚式の参加をキャンセルするべきなのかな。

 

背負ってるもの。

大切にしたいもの。

 

その境界線がわからなくなった。

 

まさかの大工さん不在の1日で、村の人たちのことまで怪しく見えてしまった自分が嫌だけど・・・。

 

本当そんな1日だった。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.