ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

【みらいスクール】カンボジア小学校建設96日目

投稿日:2016年3月14日 更新日:

2016年3月14日

 

建設96日目





今日は村に3泊してくれてたゆなが最終日。

 

そして昨日村に泊ってくれたゆうきくんも今日はラスト。

 

昨日は、はるかのわがままでカメラマンゆうきくんは散々付き合わされたようです。

昨日の帰り際に「明日も行っていいっすか?」って言ってくれた、たくみとゆうたろうが今日も着いてきてくれた。

昨日飲みに行きやがって、不在にしていたホンさん。

 

その間にドアの取り付けをしてくれたロムさんとソクさん。

 

そのやり方に気に入らないらしく。(じゃ、仕事放り出して飲みに行くなよ。)

昨日流し込んだコンクリをドリルで打ち壊すという何とも非効率的な作業。

それでもロムさんはこの笑顔。

 

ターミネーターみたいだわ。

 

ぼくはヒムさんと残りの雨よけの骨組み作り。

眞紀とはるかはもう手慣れているコンクリをつくって運んでくれた。

 

ゆな、ゆうきくん、たくみ、ゆうたろうは交代でペンキを塗ったり、教室の掃除をしてくれたりで本当みんなフル稼働。

毎日助かってます。

 

最近また子ども達もよく集まってくる。

空き時間に4人が遊んでくれるで子ども達も嬉しそう。

 

ここんところ作業に没頭しすぎて全然遊んでやれんかったで子ども達もたまらんようで。

 

若さ溢れるたくみとゆうたろうはずっと走らされてたわ。

 

最近感じるのは、今この瞬間は子ども達にどう映ってんのかな〜とか考える。

 

初めて村に行った2013年。

 

子どもどころか大人まで警戒心丸出しでぼくを見ていた。

 

初めて井戸を掘った2014年。

 

何だか少し笑顔が増えた気がした。

 

学校建設に向けて道を作った2015年。

 

手助けや差し入れ、そして何より会話が増えた。

 

いきなりやってきた日本人。

 

何だか来る度来る度に何かして帰っていく。

 

来る度に周りの日本人の数も増えていく。

 

言葉が満足に通じない中で、それでも何も遠慮することなくコミュニケーションを挑んでくる子ども達。

 

何を感じてる?

何を思ってる?

何を望んでる?

 

未だにぼくはちっともわからないけれど。

 

言葉が通じなくても一緒にいてくれるって、きっと、共生できてるんだろうなって思う。

 

受け入れてもらえてるんだなって。

 

ありがたい。

 

子ども達と遊んであげてるのか、遊んでもらってるのかよくわからないけど。

 

毎日毎日「明日は何人来る?」って聞いてくる。

たくさんいると嬉しそうに歯を出して笑う姿が愛おしい。

 

でももうそろそろ言わなきゃいけない時がくる。

 

僕らもそろそろ、タウ ジャポン(日本へ行く)だってこと。

 

誰かが帰る度に「○○は明日日本に帰るよ」って伝えると、ちょっぴり悲しそうな顔をする。

 

それまでふざけてた子どもも少し真面目な顔をする。

 

そしてすかさず

 

「次いつくる?」

 

みんな待っててくれるんだな。

 

簡単なことじゃないけど、手伝ってくれたみんながまた来てくれることを村の人たちは楽しみにしてくれている。

 

それってすごく幸せなこと。

 

守りたいもの、守りたい命、守りたい未来。

 

また少し生きる意味を教えてもらった気がする。

 

追伸

カメラで飯を食うという覚悟を決めたフォトグラファーゆうきくんが持っている魚眼レンズが面白すぎて欲しくなりました。

この臨場感いいわ〜。

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.