PAWZ Roadの爪とぎポールは交換用込みで値段も安く質もいいので猫も人間も大満足

大五郎くんに献上した爪とぎポールがおよそ1年半でボロボロになりまして、「うまく爪がとげない」みたいなアピールをしてくるので一時帰国で買い直しました。

古くなった猫の爪とぎポールを新調しよう

これ。ズタボロすぎるだろ。よく遊んだ証拠です。

上の麻縄の部分は古くなったら交換用ポールがあるとのことでしたが、上も下もボロボロ。

で、同じものを買い直そうか悩んだのですがAmazon’s Choiceで気になるものを発見したのでそっちにしてみました。

どこでもツメとぎタワーで遊ぶ様子

PAWZ Roadの猫用爪とぎポールを買った

これです。見た目や構造はほぼ一緒なのですが…

土台のビー玉

土台にビー玉が組み込まれており、猫がハッスルしやすいような仕掛けになっています。余談ですが、大五郎くんのお母さんの名前は「ビーダマ」です。目がビー玉みたいだから。

大五郎「これは…一体…???」

大五郎「おおおお!」

大五郎「心得た」

最初よくわかっていない感じでしたが、近くでビー玉を転がしてあげると要領をつかんだらしい。いい食いつき。うちの子は飲み込みが早くてすごい。この後一人で黙々とビー玉遊びしている姿を見てしまい、かわいくて仕方なかった。

全体像としてはこんな感じ。3色展開(ネイビー、グレー、ブラウン)で我が家のはブラウン。簡易的な組み立て書とレンチが入っていますが、見なくても3分もあれば直感で作れます。簡単。

気に入って早速使ってくれるかと思いきや。

古い方使うんかい!!!

ボンボンを繋いでいるヒモはゴムなので良く伸びます。猫が引っ張る→ゴムが伸びる→手放した反動がすごいのでまた興奮して遊ぶ、の繰り返し。

今回買った商品には交換用のポールとボンボンが予め付属しており、買い替えの手間もなく大変お得です。古くなったら付け換えようと思っていましたが、カンボジアでの生活も残り少ない(はず)だし、日本へ持ち帰るのも荷物になってダルい。

ということで交換用も連結してロングタイプに可変しました。

思い切り使い倒しておくれ。

まとめ

そんな感じで楽しそうに遊んでくれています。大五郎くんが嬉しそうだと、我々も嬉しい。彼女との話題にも猫のことが増えて家庭がほっこりします。これからも猫にはどんどん貢いで、二人と一匹、楽しく生きていきましょう。

ちなみに今回の一時帰国中にもう一つのお土産で首輪を買いました。嫌がるかなって思ったけど初めて付けた時も全然抵抗しないし、一回外して洗った時も首輪見せたら寄ってくるので気にってくれているんだと思います。浅草寺で買ったので、多分ご利益もたっぷり。健康で長生きしてほしい。

猫
我が家にやって来た大五郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。