ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

FREELANCE

仕事を減らすメリット【本当にやりたいことをやる】

投稿日:2018年8月1日 更新日:

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

これまでいろんな仕事を作ってきたのですが、今月からはその作ってきた仕事をいくつか手放していきます。

仕事を減らす作業です。

 

理由は、本当に好きなことや大切なことに集中したいから。

正直なところ、「一番好きなことはなんなのさ?」って自問自答を繰り返した結果、ぼくにとってのそれは「言葉を紡ぐこと」と「写真を撮ること」と「おいしいコーヒーを飲むこと」だったんです。

 

こう言うことを書くと「そんなんで飯食っていけるのか?」ってのが大方の意見だとは思うのですが、ぼくにはブログがあったじゃないかってことで、今月からはブログとか写真やりながらコーヒーをお出しすることを強化していこうかと。

2018年も8月になりましたね。

これからのことちょっとまとめながら、仕事を減らすメリットをまとめます。





仕事を減らしてやりたいことに集中する

一見「仕事を減らす」と聞くと、やることが少なくなる、収入が落ちるといったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ぼくが目指しているのはその逆です。

 

仕事を減らすことによって得られるのは

  • 本当にやりたいことにかける時間
  • 本当にやりたいことにかける労力

です。

 

ぼくが今、特に時間と力を傾けたいのは「ブログ」と「コーヒー」です。

「生きる土台」としてのブログを、もっと頑丈なものにすること。

「自分の日常」になくてはならないコーヒーを、もっとおいしく飲むこと。

 

ここに特化した生き方・働き方をしていこうと感じました。

 

「何でも屋」はしんどいし信頼がない

ぼくの悪い癖というか性質は「器用貧乏」なところだと思っていて、大概なんでもやろうと思えばやれてしまうところ。

 

もちろん、それによって助けられたこともありますが、正直な意見として「何でも屋」はいいことないです。

理由は

  • いつ、どんな仕事の依頼が来るかわからない
  • いつでも、どんな仕事にも対応するストックが必要
  • 結局あなたは誰ですか?に答えられない

と言った理由が主です。

 

2018年からはこれまで続けてきた「ものづくり」を少し手放して、仕事そのものをミニマルに、もっと持ち運び可能にしていく予定です。

それがぼくがやりたいことでもあったのだと。

 

まとめ

いろいろ抱え込みすぎてフットワークが重くならないように、少し仕事の断捨離を行いました。

これまで、カバンの中身、部屋の中身の断捨離ネタが多かったぼくでしたが、モノだけでなく自分の生活を縛っていそうなものを手放すことが本当は大事なのだと。

 

仕事を少なくすると稼ぎが減るってのは幻想で、それよりもやりたいことのパフォーマンス高めた方が作業時間は減る、仕事の質は高まる、結果として収入も上がると考えています。

 

自分が働かないと死ぬ、モノが売れないと死ぬっていう働き方とプレッシャーは感じたくないので、働き方・生き方を考えるいいタイミングでした。

ここからまた、そういった方向性でブログを通じてリアルを配信していきますので、引き続き北川勇介をよろしくお願いします。

 

Twitterでも細々した情報を配信しているので、フォローしていただけると嬉しいです。

北川勇介@シェムリアップでこだわりのカレーとコーヒー|Twitter

 

フリーランスの働き方の参考になる書籍

 

海外で働きたくなる書籍

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-FREELANCE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.