ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




FREELANCE

立場や肩書きは関係ないから未来に不安になるより大切なことは今本気になること

投稿日:2017年6月21日 更新日:

「あなた自分の立場がわかってそれ言ってるの?」

「結局何をやっている人なんですか?」

いろんな働き方を実践しようとしていると、なかなか周囲から理解してもらえない人たちへ向けて書いています。

肩書きとか立場って本当に大事ですか?

もっと大事なことありませんか?って話です。

 

この記事の内容

  1. 人はみんな誰かのために生きていない(自分を生きること)
  2. 肩書きがあってもなくても自分は変わらない(もっと大事なことがある)
  3. 自分なんて世界中探したって見つからない(探さなくてもそこにある)

 





1.人はみんな誰かのためになんて生きていない

「今後どうしたいの?」

「こんなこといつまで続けるの?」

 

いろんな人にそう問い詰められる度に、その目の前の人たちを説き伏せる言葉を探して、自分をわかってもらおうと、やっていることが間違っていないことを証明しようとしてしまったする。

無理やりにでもなんでも。

 

そうやって目の前の相手に合わせて勝手に自分を操作して、勝手に疲れて、勝手にいろんな感情をぶちまける。

実はこれ、数ヶ月前のぼくです。

 

誰かに自分をわかってもらうために生きているのではないはずなのに。

なぜか、人から何か言われるとわかってもらおうとしてしまう。

 

そんなどうでもいいことにエネルギー使っていませんか?

 

2.肩書きはあってもなくても変わらない

自分をわかってもらおうとする時に便利なのが「肩書き」や「立場」や「会社名」。

 

「パン屋」「医者」「美容師」って名乗れば何やっているかわかってもらえる人。

「Sony」「トヨタ」「ソフトバンク」みたいに、会社名を言えばわかってもらえる人。

「社長」「営業」「パート」って役職を言えば、立場がわかってもらえる人。

 

そういう「わかりやすいもの」がないと、自分ってなかなか伝わらない。

「どこ」で「なにを」やっていても、自分は自分なのに。

 

不思議だ。

 

3.自分は世界中探したって見つからない

自分の肩書きや立場やあり方を追求しすぎると、いろんなものを見失った気になります。

見失った気になるから、今度は探したくなります。

 

自分なんて探さなくても、ずっと一番近くの心の中にあるし、何かになろうとしなくても、何をしているか何をしたいかなんてわかってもらわなくてもいいやってわかっていたはずなのに。

 

自分が思い通りやりたいことやろうとする過程で、たくさんの人と出会って話をして、いろんな意見をもらう。

そこで人に合わせて自分がブレると、自分でも何がしたいのか何が言いたいのかわからなくなる。

 

だから人にウケようとか、わかってもらおうとか、こう言った方がいいかなみたいなくだらない計算して、相手の反応見て一喜一憂して、未来に不安になっている場合じゃないです。

その前にやるべきことがある。

 

まとめ

自分の人生を生きたい、人の目や噂を気にしない、一番いい方法知っていますか?

何かに夢中になることです。

 

趣味でもバイトでも仕事でもいい。

夢中になっていると、人のことなんてどうでもよくなるし、人のこと気にしている暇がなくなります。

そして、自分のこと何か言う人は暇な人なんだって思うと、ちょっとだけ強くなれた気になって楽になります。

 

もし、この記事を読んでいるあなたが、独立したてか独立を考えているフリーランスの方で、仕事に夢中になりたいのなら以下のサイトでガンガン学んで、仕事を受注することをおすすめします。

 

フリーランスの求人サイト

 

クラウドソーシングサイト

 

プログラミンやデザインを学ぶなら

 

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-FREELANCE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.