カンボジアでツアーをやらない理由とブログで紹介するからタダにしてくださいって言わない理由

いろいろ思うところがあったので書きます。

カンボジアでツアーをやらない理由

ライセンスがないからです。働くならそれ相応の準備を整えた上で正々堂々やりたい。

  • ライセンスなくてもバレない
  • 持ってなくても大丈夫
  • カンボジアはゆるいからOK

っていうのはカンボジアにもお客さんにも失礼に当たるので、ぼくには絶対できない真似ですね。

学校建設とかどうなってるんだ?

で、前回の小学校建設とか今やってるトイレ建設とかのことをツアーだと勘違いされては困るので書いています。こういった活動は全て現地までの交通費を参加者で割ってもらっているし、交通費、昼食代、飲料代などを各自負担してもらっていてぼくはもちろんそのどこからも利益を得ていません。

やろうと思えばできちゃうので注意

実際、ぼくが悪いこと考えたらそれなりに利益とれると思います。なので適正なライセンスなどを持たずにやっている人もいると思うのでそこらへんはご参加される前にちゃんと確認した方がいいと思います。ツアーと謳わず「企画」「プロジェクト」「散歩」などの表現を使って利益を得ているのにライセンスもないし納税もしていない人もいるようです。

ブログで紹介するからタダにしてくださいと言わない理由

ダサいからです。こういう案件はあくまで相手側発信で行うべきだと思うから。それでもないとただの物乞いになる。

おすすめとか

長いこと行ったり来たりしていれば、旅行者よりもシェムリアップの知見がたまります。例えば学校建設とかトイレ建設で手伝いに来てくれた人たちに「何かオススメありますか?」「おいしいレストラン教えてください」「いい感じのお土産探したい」「一緒にご飯行きましょう」とか言われたら知っていること全力で教えますが、その店から何かお礼があるわけではないし、そんなこと目当てでやっていないのでいいなって思う場所をそのまま正直にお伝えしたい。

知り合いの店とか

「今度、たくさんの人が手伝いに行きてくれるから作業終わったらお店へ行きますね。なのでサービスしてください」ってのもダサいので言いません。知り合いのお店でしかもいいと思うのなら、余計ちゃんとお金払って売り上げに貢献したい。「いつもたくさん人を連れてきてくれてありがとう」ってのはお店側が言い出すことなので、そんなせこい理由で人なんか連れて行きたくない。

まとめ

本当はわざわざこんなこと言いたくないし書きたくもないけど、まじめに正々堂々やっている人たちがいる隅っこで中途半端に小銭稼ぎしたりしているなどの噂を聞きましたので、ぼくの思うところを書きました。結局は人の人生なのでどうだっていいですが、ぼくはルール違反とかダサいと思うことはやりたくないと思っています。

他に思うところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。