ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




ITEMS

海外生活に必要なかった持ち物リスト【随時更新します】

投稿日:2018年11月26日 更新日:

「バックパッカーに必要な持ち物ってそんなたくさんありますか?」

「実際使ってないものとかあるんでしょ?」

「必要そうに思えて使わないものとか知りたい」

このような疑問や要望にお答えします。

 

ゆーすけ
あれほど大事だと思っていたのに不要に思えて捨てたものたくさん!

 

この記事では、リュック二個に収納できる荷物だけ持ってカンボジアに住んでいるぼくが、持ってこなくてよかったアイテムを紹介します。

随時更新していきます。

 





必要なかったバックパッカーの持ち物

大きいバックパック

最初にも書きましたが、現在はリュック二個に全て収まるので大きいバックパックは不要になりました。

 

 

以前は75Lのメインバッグと40Lのサブバッグだったんですね。

115リットルの荷物に何を詰め込んでいたんだろう、逆に。(GREGRY BALTORO75Z40

 

寝袋

若い時はいいんだ。野宿でもなんでもできる。現にしてた。

でも、冷静に考えてみて。

ゆーすけ
やっぱりホテルに泊まって、ちゃんとシャワー浴びて布団の中で寝たいよ

 

電子辞書

ゆーすけ
この英語の意味なんだろ?よし!電子辞書で…

ってならなかった。

グーグル開いて「〇〇(英単語) 意味」で検索。

 

電気シェーバー

持ち運びに便利という定評のあるBRAWNだったけど…

コツがいるのかな?

 

ゆーすけ
うまく剃れない…

 

ってことで、T字だけにしました。

海外だと日本に帰った時に替刃を持ってくるのがコツ。

関連:カミソリは飛行機の機内持ち込み可能?(準備中)

 

ガジェットポーチ

ゆーすけ
パソコン一台で仕事してます

とか言ってるから、使いもしないガジェット周りが増えるんじゃい。

 

プロジェクター用コネクタ

まだ世間一般そんなにApple製品が流行っていない時、大学や職場のプロジェクターにMacをつなぐなんてことはできなかったんだ。

だから自費で買った。

今、プレゼンするような仕事していない。

 

カメラのストラップ

詳しくはこの記事を見てほしい。

たま〜に一眼レフを持ち歩くのが煩わしく思えてしまうのは、カメラの重さや大きさではない。犯人はお前だ。

 

カメラ用三脚

星を撮った時しか使っていないし、そんなに頻繁に星は撮らない。

オフィスに寄付をした。

 

エア座布団

長時間用のフライト用に買ったけど、何回も飛行機乗ったら慣れた。

そしていちいちめんどくさかった。

 

虫除けアイテム

「郷に入りては郷に従え」「現地の蚊には現地の蚊よけ」

 

 

随時追記していきます

以前持っていたけど手放したものを思い出したり、今後新たに手放したものがあったら随時追記していきます。

 

旅などの移動生活は、移動する度に自分の持っている“モノ”と向き合うことになります。

必要だと思っていたものが不要になる瞬間は、必ずしも潔くポイっと捨てられることばかりでもありません。

 

だからこそ、身軽になるための一歩はモノを選ぶ時点から始まっています。

荷物が重たいことも、モノを手放すこともしんどいから、新たに仲間に加えるモノ選びは慎重に。

 

長く使えるもの、長く愛せるものを選ぶことも地球や環境に優しい生き方かもしれませんね。

 

 

今後「バックパッカーが所有しているすべてのもの(仮称)」みたいな記事も出しますね。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-ITEMS

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.