ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




CAMERA

「もう一眼レフ持ちたくない」と感じたら最後に試してみてほしいこと

投稿日:

先日こんな記事を書きました。

 

この記事を読んでいると言うことは…

「もう重たい一眼レフなんて持ちたくない!コンパクトなミラーレスを持ち歩いてキレイな写真を撮ってやるぅぅぅうううう」

なんてこと考えていませんか?

 

一眼レフを持ち歩くことが億劫になっているであろう理由。

本体がコンパクトではないから。

本体の重量が重いから。

 

本当にそこですか?





一眼レフを持ち歩きたくなくなる理由は別にあった

ぼく思うんですけどね。

一眼レフがたまにわずらわしくなってしまう理由って、本体の大きさでも重さでもないと思うんです。

 

「ええええええ?」って思うでしょ?

ぼくが思う一番の原因は「ストラップ」だということ。

 

「いやいやいやストラップって」って思うでしょ?

でも、そもそも一眼レフのストラップを使ってカメラを首から下げますか?首もげません?ぼくだけ?

 

一眼レフが邪魔なのではなくてストラップが邪魔

カメラが邪魔なのではなく、大した役目も果たさず「カメラがあれば俺も当然そこにいるっしょ?」バリの顔でさも当たり前のように付随しているストラップくんが邪魔なのだ。

 

一眼レフを持って出かける時、そのカメラはどこにいますか?

ストラップがあなたの首からつる下がっていますか?

 

ぼくは、カメラバッグの中に入れています。

だからストラップはストラップの役目を果たしてないじゃん。ってぼくは思うわけ。

 

ストラップを長めにセットして、ショルダーバッグのようにかけたってそのまま何か軽作業したら机や棚や壁にガンってなる可能性大だし。

そもそも撮影しようと思ってるのに、ビローンってだらしなく視界の中に飛び込んでくることも許せない。

 

ストラップを外したその先は…新世界

首から下げるはずのストラップ。

実際に首から下げたら、首がもげそうになるし、撮影してると写り込んでくる時あるし、そもそも移動中はカメラはカバンの中だし。

 

だったらいっそのこといらないんじゃね?

そう感じたので、ぼくは外しました。

 

ゆーすけ
ちょっと見てくれ!

 

見た目がスッキリした!

驚くほど持ち運びが楽。

 

「え?落とすのが心配?」

わかる。

 

だからストラップはカメラを買ったときに付属しているものを流れで使うのではなく、自分にあった一品を探すべきだということ。

 

おすすめのカメラ用のストラップはどんなもの?

シャッターを切る右手とカメラ本体を固定してくれるハンドストラップ。

底部の三脚用のネジ穴に固定して使用するものが多いので、安定感が抜群。

 

ぼくはNikonのカメラを使っているので、Nikon純正のこれを注文しようか検討中。

買ったらレビューします。

 

もっと気軽なのはこんなタイプ。

手首を通して使うタイプのストラップ。

 

結論:ネックストラップはなくていい!もっと気軽にカメラを持ち歩こう

ということで「もう一眼レフなんて持たないなんて言わないよ絶対〜」ってなってもらえたでしょうか?

もし今あなたが、手持ちの一眼レフを持ち歩くことに煩わしさがあるなら、最後の試しにネックストラップを取り外して使ってみてください。

 

「おおおおおおおお!これはいい!」

ってなってくれたら幸いだし。

 

「いいけど、やっぱストラップ無いのは不安…」

って場合はハンドストラップを取り付けて安心してほしい。

 

もしそれでも…その…アレな時はもう何も言いません。

ただ、大切なことなのでもう一度言います。

 

一眼レフを持ち歩くのが億劫なのは本体が大きいからでも重たいからでもなく、ストラップのせいで取り回しが効きにくくなっている。

それをせひ実感してみてほしいと思います。

 

手放すのはそれからでも遅くないですよ。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-CAMERA

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.