ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

FREELANCE

SBSラジオに出たよ。やっぱりメディアは苦手です〜けどオファー待ってます

投稿日:2016年4月30日 更新日:

4241858692405

4月29日(金)ラジオに出演してました。

 

しかも2本。

 

参考記事:SBSラジオ「GOGOワイド らぶらじ」出演

参考記事:SBSラジオ「超ドSトーク」出演

 

山田門努さん、勝山康晴さん、寺田奈美江さんありがとうございました!

 

13112491_937774819672972_1190584819_o

カンボジアの小学校建設に関して、いろいろお話させてもらってきました。

 

山田門努さんもクラウドファンディングで資金を集めて一人舞台を行ったそう。

 

4241883826188

勝山さん、寺田さんはすごい明るい雰囲気で招き入れてくれました〜。

 

人前で話すことのメリット

「あなたは誰ですか?」

これを明確に、端的に伝えるための手段としてラジオは素晴らしいと思います。

 

わかっているつもり、知っているつもりの自分を言葉で明確にすることで、忘れていたり気付いていなかったことにも気付けるようになる。

ぼくは講演やラジオに呼んでもらった翌日の集中力は高い傾向にあると思う。

 

それはやっぱ聞いてくれているリスナーさんに自分が何者かを伝えたから、頭の中がスッキリしているのだということ。

 

入れたら出すの繰り返しで視界も思考もクリアになる

食べ物を摂り入れたらう◯こを出すように、取り入れた(インプット)ものは出して(アウトプット)いかないと、本当に必要なものが入ってこない。

 

これは整理整頓術の断捨離とも似ているところがある。

 

頭の中や、部屋のクローゼットにはやっぱりキャパの限界があると思う。

 

ぐちゃぐちゃに詰め込んでも何がどこにあるのかわからなくなってしまうのと一緒。

 

「入る分だけ」をしっかり管理しておくことが大事なんだな。

 

ラジオのメリット

まず顔が見えない。

これは良くも悪くも見た目で第一印象が決まらないのがいい。

「目つき悪い」という僕の視覚的第一印象から逃れることができるのは嬉しい。

 

声が重要。

声の質は自信がないのでやっぱりぼくは苦手です。

 

そんなメディア苦手なぼくも、本当はいつか自分のラジオ番組持ちたいな〜って考えてる。

 

しゃべり〜のスキル上げたいのでこれからもゲストで呼んでください〜。

DSC_0172

聞く人は本当聞いている

ラジオって普段みなさんは聴きますか?

ぼくは正直あんまりです。

ですが、結構聞いている人多いんですね。

 

「ラジオ聞いたよ〜」って報告を結構多めにもらいました。

 

まとめ

ということでラジオに二本出演して来ました。

 

メディアは相変わらず苦手ですが、自分のこともっと拡散していきたいので今後もオファーはお待ちしております。

 

 

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-FREELANCE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.