ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

ワークスタイル

インドの高額紙幣が使えなくなるってよ。ルピー募金しませんか?

投稿日:

reichiru3

日本に帰って来ました。

 

寒いっす、2年ぶりの冬。

 

毎回日本の空港戻って来ると思うんだけど、検疫所の「海外で家畜やその糞尿に触れた衣服や靴をお持ちの方」って。

 

どのくらいの人が毎回申告してるんだろう。

 

インドから帰った人は、全員申告しないといけないくらい結構な確率で牛糞踏んでるよね。

 

とか考えていたら、インドからびっくりニュースが飛び込んで来ましたね。
[blogcard url=”http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H9W_Y6A101C1FF1000/”]

インドルピーの高額紙幣無効化。

 

抜粋内容はこんな感じ。

 

11月9日、インドのモディ首相が蔓延する偽札と汚職を一掃するために、高額紙幣(1000ルピー、500ルピー)を無効にすることを決めた。

 

思い切ったな〜。

 

現在保有しているルピーはインドへ行って、インドの銀行で換金しないといけないらしい。

 

それも12月30日までに。

 

ってことでなかなか厳しいよね。

 

行けたとしても、インドの銀行口座開設は難しいって聞くし。

 

って思ってたらレインボーチルドレンという団体が、こんなことを始めていました。

 

ニュースで公開されてからのスピード感がすごい。
[blogcard url=”http://rainbowchildren.holy.jp/archives/12326/”]

 

インドのモディ首相は10月8日夜テレビ演説を行い、現在流通している紙幣のうち最高額の1000ルピー札と2番目に高額の500ルピー札の2種類を、現地時間の9日午前0時で廃止すると発表しました。
新紙幣との交換期間は12月30日までとされています。

インド紙幣はインドの銀行でしか換金できません。
12月30日までに換金できなければ、これらの旧高額紙幣は紙くず同然と化すことになります。

これを受けてレインボーチルドレンでは、日本国内にある旧高額紙幣を緊急募集することを決定しました。

インドでは、【教育費が無料】なはずなのに学校に行けない子どもたちがたくさんいます。その理由は、【制服代・文房具代が払えない】からです。

  • 制服代 約2000ルピー
  • 文房具代 約1500ルピー

これだけあれば、10年間の義務教育を受けれることができるのです。学校へ通えない子どもが多くいるスラム在住の大人の平均月収は約8000ルピー(首都デリー)です。
引用元:レインボーチルドレンHP

 

何でもこの住所に送ったら寄付になるらしい。

reichiru1

インド行ったことあって、ルピー余っている人いたら是非動いてみてください。

 

僕も2013年にインド行ったけど、ルピー残ってないんだよな〜。

img_2540

とか思ってたら、こんな方法もあった。

 

reichiru2

 

12月4日に開催されるレインボーチルドレンのイベントに持ち込むことができるらしい。

 

大阪か〜。

行く予定ないな〜。

 

って思ってたら・・・

 

あるじゃん!

 

12月4日に関空からシェムリアップまで飛ぶじゃん!

 

超ピンポイントで大阪じゃん!

 

ジャンジャン!!

13882307_171848369903687_7424341376637109402_n

(ごめんなさい、わかる人少ないやつ)

 

何だろうこれ。

 

久々に呼ばれた?インドに。

 

いや、インドには行けないけど。

 

ニュースのタイミング、カンボジア渡航のタイミング、持ち込み寄付のタイミング。

 

う〜ん。

 

怖すぎるくらいピッタンコなので動きまーす。

 

集まるかわからないけど。

 

動かないとって思って記事にしました。

 

ってことで、インドルピーの紙幣お持ちの方いらっしゃいませんか?

 

インド再訪の予定がなくて、どうせ紙くずにしてしまうなら。

 

ちょっとした行動で救える未来がありましたよ。

 

12月2日までに僕と会える方の中で、インドルピーをお持ちの方、何なら少額のルピーも預かります。

 

 

責任もって届けますので、ご連絡ください。

 

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-ワークスタイル

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.