ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

海外でブログを書きながら約2年生活してみて感じた3つの不要なこと

投稿日:

日本と海外行ったり来たりしていたはずが、いつの間にかカンボジアで暮らしていました。

カンボジアを生活の拠点に置くようになってから、まもなく2年が経ちます。

 

2年間生活してみて感じた「3つの不要なこと」をまとめてみました。

ざっくり言うとこんな感じ。

  • いろいろ言わない
  • いろいろ持たない
  • いろいろやらない





いろいろ言わない

誰かと会話をするにしても、ブログを書くにしても、シンプルに言葉を綴ることが大事。

グダグダ話して「話したいことが伝わらない」「言っている意味がわからない」では意味がないから。

 

できるだけ、わかりやすく、短く、を心がけて。

話の長い人の話は聞いてて飽きる集中しにくいし、文章がやけに長い人のは読む気が失せませんか?

 

特に海外だと外国の言葉を使うわけなので、余計に難しいこと言おうとしないで、シンプルに話せばいい。

「話が長い」と言われてしまう人の永遠の宿命です。

 

いろいろ持たない

持たないようにしているものは、例えば荷物、意地、見栄とか。

 

必要ない荷物は持たない

自宅はワンルームで、所有物はリュック二個に全て収まります。

重たい荷物は疲れるし、身軽は防犯に繋がる。

 

つまらない意地は持たない(張らない)

くだらないことで言い合ったり、主張しあったり、頑なに意見を曲げないとか人の話を聞かないとか。

意地ってのは、ここ一番の超大切な場面でだけ張ればいい。それは時に覚悟に変わるから。

 

くだらない見栄は持たない(張らない)

できないことはできないって言えばいいし、わからないことはわからないって言えばいい。

やりたくなければやればいいし、持っていないものは持っているふりをしなくていい。

 

いろいろやらない

やらないようにしている代表的なことは

  • 我慢
  • 予定の詰め込み
  • 不要なSNSやメールチェック

 

我慢はしない

東南アジアにいると「月○万円で生活できる」ってよく聞くけど、あれなんですか?極貧生活流行ってんの?

コストは抑えたらいいけど、選択の幅が狭くて我慢しなくてはいけないのはキツイからそんなことしたくない。

 

あと、見た目の条件は良さそうでも、やりたくない仕事はやりたくないから絶対に引き受けずにNOと言うことも大事。

「断ったら嫌がるかな」なんて相手のことを考える前に、それを引き受けて苦しむ未来の自分に気を使ったほうがいい。

 

予定は詰め込みすぎない

あまり事前に決めすぎた予定って、期日が近づけば近づくほど憂鬱になりがちなので、あまり前もって予定入れ込むのは好きじゃない。

あと、時間に隙間があるように感じても無理して詰め込まない。

 

不要なSNSやメールチェック

意外と時間が取られるSNSやメールのチェック。

1日に何回もチェックしていると、集中力がポツポツ途切れてパフォーマンス上がらないので、なるべく午後はそういった外部から入ってくる情報を目に入れないようにしています。

 

さいごに

今日書いたことは、さらに簡単にいうとこんな感じ。

いろいろ言わない→わかりやすく
いろいろ持たない→超身軽
いろいろやらない→好きに集中

これだけで結構人生豊かになると思ってる。まじめに。

 

シンプルでいい。

ブレずに、流されずに生きたい。

 

いろいろ言わない、持たない、やらない、で人生は結構好転する。

およそ2年間、海外で生活して感じたことでした。(海外生活はつづく)

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.