BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

WORLD INFO 海外で働く

ANAマイルを効率的に貯めるために活用するべきクレジットカード・サイトのまとめ

更新日:

haneda-1408758_640

ANAマイルを効率的に貯める方法を人から聞かれて、ぼくなりに説明してきたのですが、どうもうまく伝わっていない時があるな〜って感じることがあるので、いっその事記事にしてしまえ!とまとめておくことにしました。

 

状況の変化で、この記事も書き換えておきますが、情報が追いついていない、もしくは古いままの時は・・・

ごめんなさい。





1 活用するポイントサイト

1 ハピタス

ポイントサイトの中でも、使いやすさ一番だと思っています。

友達紹介制度もあって、紹介した友達が貯めたポイントの50%が自分に還元されるのも嬉しいポイント。

【変更】紹介した友達が貯めたポイントの50%→10〜40%がランクに応じて

 

もちろん、紹介された人のポイントが減るなんてことはありません。
ハピタスへの無料登録はこちらからできます。

 

2 ポイントタウン

ハピタスの安定性に比べて、ポイントタウンは時折ものすごいお得なキャンペーンが開催されるのがポイントです。

またポイントタウンを通じて外食をするだけで、大きなポイントがもらえてしまうのも嬉しいですね。

日本にいると、飲み会の幹事をすることも多い僕はかなり活用しています。

 

こちらもハピタス同様、友達紹介制度があり、友達が貯めたポイントの50%が入ってきます。

もちろん、友達の取り分も減りません。

 

ポイントタウンの無料登録は以下のリンクからできます。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

2 ポイント交換サイト

1 PeX(ペックス)

以前も紹介しましたが、ポイントサイトを活用して貯めたポイントは、交換サイトを通じて効率良くANAマイルへと交換していきます。

point

こんな感じで。

参考記事はこちら:PeXの会員登録とクレジットカードの申し込み

全て、東京メトロポイントで交換したほうが効率はいいのですが、毎月の交換限度額があるので、このように二手に分かれてANAマイルへと変換していきます。

 

【追記】2 .money

これまで上記で紹介をしたPexが一般的でしたが、最近調べていたら.moneyというサイトが現れました。

 

このサイトのおすすめは、交換手数料が無料ということ、そして自分の名義以外のポイントも移行できるという二つの点です。

 

これまでPeXでは、一回の交換に50円の手数料がかかっていました。

しかし、.moneyは交換手数料が無料!一回交換したら済むという話ではないので、この無料化は50円以上に大きな価値を感じています。

 

ただし、PeXがポイントを1年保有できるのに対して、.moneyの場合はポイント交換で得たポイントは半年後に失効してしまうので、毎月末には失効ポイントがないのかチェックし、必要に応じて交換してしまいましょう。

 

3 Gポイント

Gポイントの活用の理由は、ANA VISAカードで決済したことで貯まるポイントを、効率良くANAマイレージに交換するためです。

僕は出発までにANA VISAワイドゴールドの作成を狙っています。

嫁は、同じく効率良く交換できて、手数料のかからない「エクストリームカード」を作成しました。

いずれにせよ、日々の決済でもポイントを無駄にしないために、Gポイントへの登録はしておきましょう。

下記リンクから無料登録できます。
Gポイント

3 クレジットカード

1 ソラチカカード ANA To Me Card PASMO JCB

これまでのポイントサイトを活用して効率的にANAマイルを貯めたいのであれば最優先で持っておかなくてはいけないカードです。

メトロ乗らないとか関係ありません。

別記事でまとめていますので、そちらをご覧ください。

参考記事:PeXの会員登録とクレジットカードの申し込み

 

2 楽天プレミアムカード

上記で紹介したハピタスを経由して楽天でお買い物をすると、1%のポイントバックがもらえます。

また、楽天プレミアムで決済をすれば、楽天ポイントは6倍になります。

 

それと、これはANAマイレージとは関係ありませんが、楽天プレミアムカードを申し込むと、同時に「プライオリティパス」が申し込めます。

プライオリティパスは、世界中の空港ラウンジが使えるというメリットがあり、単体で申し込むとおよそ4万円の年会費がかかりますが、楽天プレミアム同時申し込みでもらえてしまうので、大変お得です。

楽天プレミアムは年会費が10,800円かかりますが、プライオリティパスから受ける恩恵を考えたら、持っていて損はないはずです。

 

ちなみに、僕は楽天カードを作成するときはマスターカードで作ることをお勧めしています。

理由は、この後紹介するANAのカードがVISAなので、海外に行くのであればVISAとマスターの2枚持ちが鉄則だからです。

JCBも悪くないですが、一部地域では決済できない時があるので、マスターカードで作っておくのがベストでしょう。

 

3 ANA VISAワイドゴールドカード もしくは エクストリームカード

マイレージの交換率を考えるとANA VISAのワイドゴールドがオススメです。(僕は今これを虎視眈々と狙っています)

 

しかし年会費が15,000円ほどかかる(Web明細とリボ払い設定で割引もできるがそれでも9,000円程度)ので、「年会費払うカードはちょっと・・・」と思う方は、年会費無料のエクストリームカードをゲットしましょう。

 

エクストリームカードは、2年目から年会費がかかりますが、年間30万円の使用で、翌年も無料になります。

日々の決済をカードで行っていれば、難しくはないでしょう。

 

まとめ

ANAマイルを効果的に貯めることができるクレジットカードと活用するポイントサイトをまとめました。

 

海外旅行に行かなくてもクレジットカードを使わなくてもマイルを貯めることはできるんです。

 

各種クレジットカードの申し込みはハピタスから案件が出ているものが多いので、早速無料登録して、ポイントを稼ぎ、マイレージに変換して思い通りの旅の準備を進めていきましょう!

 

少しの知恵と工夫で、世界はもっと近くなる。

 

それでは。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-WORLD INFO, 海外で働く
-,

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.