好きなことを夢中になってやっていたら仕事は創れるようになる

何かの本か誰かのブログで「仕事は突き詰めていくと作業だから、仕事選びは自分が好きでずっとやっていられる作業を選ぶといい」みたいな文章を目にしました。どこの何に書いてあったのか曖昧申し訳ないですが、本当そうだなって深く心に刺さったのでなるべく自分が好きな作業だけやる働き方を実践しています。

好きなことばかりしていたら仕事の依頼が増えた

ありがたいことに、人づてでこちらでお仕事を依頼されることが増えた。

  • 新しくウェブサイトを立ち上げるので作ってほしい
  • お店の外観の撮影をしてほしい
  • メニュー表やロゴを作成してほしい
  • 高校生向けに海外で働く人として話をしてほしい

など、どれも得意分野すぎてちょっと怖いくらい。

好きなことだけに没頭しているとそれを見てくれている人がいて、そんなぼくを信用して話を振ってくれることが多くなるんだなと感じました。

好きな作業とやりたくない作業

でぼくがやっている好きな仕事の作業です。

ブログの仕事の好きなこと

  • 文章を書く
  • 全体の構成を考える
  • パソコンでタイピングする

こう言ったことが好きです。基本文章を書くことはずっとやっていられる。

ブログの仕事でやりたくないこと

  • キーワード検索を考慮したタイトル作り
  • 過去記事のリライト
  • 広告の最適化
  • ワードプレスのデザインをいじる

こういうのはあまり好きではないです。が、やらなくてはいけないこともあるのでやっています。

カメラの仕事で好きなこと

  • ファインダーを覗く
  • シャッターを切る
  • 撮影した画像を見返す

カメラの仕事も好きでやっています。今年から使い始めたNikon D750はシャッター音が心地よいので撮影していて特に楽しい。

カメラの仕事でやりたくないこと

  • Lightroomで補正
  • 人の好みで撮影すること

きれいな写真のためにある程度の補正作業は必要ですが500枚くらい撮った後のLightroomはめんどくさすぎて起動することすら億劫になる。

あと写真は過去のポートフォリオを評価してもらっていただく仕事なので、あんまりあーしてほしい、こーしてほしいって言われると他の人にお願いしてくださいって感じになる。

カメラで飯を食っていくをやめた

人前で話すこと

  • 人に何かを語ること
  • 人の何かを聞き出すこと

要は人と話すのが好き。人前で話すのも慣れているのでこういう仕事増やしたい。

人前で話すのにやりたくないこと

  • パワポとかの準備

資料を作ると話すカタみたいなのができてしまって当日アレンジきかない気がするのと、ただ単純にパワポめんどくさくてやりたくないのでそのまま話したい。

クリエイティブな生き方をしたい

「職種」や「職業」が多様化したと言っても、好きなことだけってやっぱり難しい。でもぼくだからこそできること、ぼくにしかできないこともあると思っている。もちろんぼくがやらなくてもいいこともある。

今のぼくの武器はカメラとウェブと、教育現場での経験。

例えば、自分よりより優れたカメラマンやデザイナーを探したらキリがないことだってことはわかる。

できないことはできる誰かがやったらいい。その方が質も上がるし、労力もかからない。

でも、できませんって逃げたくないからできるようになりたければ、できるまで努力するだけのこと。

むしろ努力しなきゃいけないというよりは、努力しているという感じすら抱かない夢中になること。

そうやって夢中から生まれるヒントをつかんだり、こぼしたりしながら仕事を創ることができたらと思っている。

まとめ

もちろん良く言ってくれる人ばかりじゃないですが、やっぱり仕事を楽しもうと思ったらいかにして自分が好きなことをやる割合を増やして、やりたくないことをやらないかだと思います。

自分で売り込んで、必死に走り回ってやりたくないことまでやるよりも、無視できない存在になるまで突き抜けられたら、そんな感じでやってけたら、仕事がもっと楽しくなりそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。