シックスパッドのフットローラーを買って足裏ケアの頻度を高めたら疲れ方が変わった

足裏マッサージ大好き北川勇介(@yusukeworld_)です。

足裏は第二の心臓とも言われるほど、反射区の集まる身体の中でも大切な部分ですが、みなさんは何かケアしていますか?

ぼくはこれまで、こんなアイテムを使って日頃の足の疲れをケアをしていました。

アラサー男子が効果を実感している100円ショップで買えるおすすめ健康器具を紹介する

【健康第一】新時代のノマドワーカーの持ち物にはきっと青竹踏みが必要

百均でも手に入るプラスチック製の青竹踏みは非常に便利で、ぼくは宿泊する出張時にはリュックに入れて持ち歩いていた時期もあったほどです。

ですが、さすがに、バックからこれでて来たら引きません?

空港のX線検査でこれが写った日には…ねぇ?

そんな心配は今後無用です。

最高のアイテムを見つけて来たのでレビューします!

イチローが足裏ケアを重要視した逸話

ちょっと余談的ですが、日米を通じて活躍した野球選手のイチロー選手。

野球に詳しくない人でも知らない人がいないのでは?ってほど有名な選手ですが、そんなイチロー選手も日々重要視していたのが足裏のケアだったそうです。

 

足裏が疲れると集中力が低下する

イチロー選手は幼少期の頃から、毎日父親とマンツーマンで練習をしていましたが、ある日どこか集中していない様子だっため父親が叱責をすると、黙って家に帰ってしまったという幼い頃のイチロー選手。

家に帰って、父親が気にしたのがイチロー選手の足だったとのことで、横に寝かせて足裏のマッサージをしてあげたところ、そのままぐっすり眠ってしまったそうです。

って昔読んだイチロー選手関連の本に書いてありました。

 

毎日の小さな積み重ねが大きな成果へとつながる

大好きな野球の練習でも、毎日の積み重ねの中で疲労が蓄積して、それが顕著に表れた瞬間だったのかもしれません。

そこから足裏のケアの重要性を重要視したというイチロー選手は、プロ野球選手になってからもお気に入りの足裏マッサージ機を見つけて壊れるまで使い続けます。

メジャーリーガーとして渡米してからも、アメリカの自宅はもちろん遠征先にも持って行っていたというほどなので、その徹底ぶりがわかります。

イチロー選手が愛用していたモデルはこちら。

 

足裏の機能が低下している子供が増えている

最近は、浮き指と言って足の指が地面に設置していない子どもが多いそうです。

「子どもの足はすぐ大きくなるから」と言って、サイズの合っていない大きな靴を吐き続けていることも一つの理由です。

大きいから指をあげて、靴の中で足が遊ばないように無意識に調整しているので、スネの筋肉がパンパンになりやすく膝や腰などその他の身体の部位にも影響を及ぼします。

足裏に刺激を与えるってのはいいことだらけですね。

 

シックスパッドのフットローラーのおすすめポイント

ぼくはイチロー選手のように、マッサージ機を持ち歩くほどはしていませんでしたが、それでも青竹踏みは持ち歩いていました。

が、先述の通りやめました。

今は、もっと手軽に持ち歩けるアイテムがあるんです。

それがシックスパッドというメーカーのフットローラーです。

 

サイズがコンパクトで軽量

サイズは見た目の通り、500mlのペットボトルとほぼ同じサイズ。

重量は310gなので、満タンの500mlペットボトルよりはかなり軽いです。

普段持ち歩くマイボトルと合わせてカバンの中にいかがですか?

ただの円柱形ではない

足の裏は一直線ではないですよね。

このフットローラーもただのまっすぐな円柱ではなく、所によって太さが変わるので足裏にしっかりフィットするだけでなく、足の置き方で刺激も変わります。

 

3種の突起

中心には輪っかのような部分があり、その両サイドには大きめの突起が斜めにあり、さらに外側に行くに連れてその突起は小さく、深さも浅くなっていきます。

一定サイズの突起がついたフットローラーは多く見受けられますが、刺激の強さを突起で調整できるのも嬉しいですね。

真ん中の丸い部分を土踏まずに当てて前後に転がしてみてください。悶絶しますよ。

 

シックスパッドのフットローラーのおすすめの使い方と注意点

ぼくが実際に毎晩行なっているやり方と、その際の注意点を紹介します。

 

片足だいたい1分ちょいくらい

だいたい片足にかける時間は1分くらい。

特に足が疲れていたり、だるさを感じるときはもう少し時間をかける日もありますが、こういった身体のケアって最初から時間かけすぎると「時間がない」って理由を簡単につけて日常から遠ざかるので、毎日ちょっとずつでとにかく毎日続けるってことを心がけています。

 

真ん中、内側、外側の3パターンでつま先からかかとまで満遍なく

足裏をフットローラーに当てたら、前後に転がす要領でつま先からかかとまで満遍なく当てます。

だいたい10往復くらいしたら、足を内側に傾けてまた10往復、今度は外側に傾けて10往復をおこない、足を入れ替えます。

赤所によって、激痛な部分もあるし、痛みを感じない部分もありますが、足裏ケアは「痛みがある=効果がある」ではなく、足裏に刺激を与えることが大切なので、とにかく足裏全体で触るということを重要視しています。

 

立ってもいいし座ってもいい

姿勢は立ちながらでもいいし、座りながらでもいいですが、ぼくは座ってやっています。

デスクの下に置いておけば、働きながら足裏ケアができて一石二鳥ですね。人前でやるときは急に変な声が出るかもしれないのでそれだけ注意です。

ここ最近の毎晩家に帰ってから寝るまでのルーティン2019夏

注意点

注意点としては以下の3点を注意しています。

  1. 食後すぐはやらない
  2. お酒を飲んで帰ったらやらない
  3. 痛い場所を徹底してやらない

食後は、食べ物を消化するために血液が胃腸周辺に集まりやすいので、足裏を刺激するとよくないです。

飲酒後は血行が良くなっているので、さらにお酒が周り吐き気や頭痛の原因にもなります。

さっきも少し書きましたが、痛い箇所を徹底してやれば体がよくなるというストイックなものではないので、痛みが生じた場合は無理はやめたほうがいいです。あと、靴下履いてやった方が足裏保護の観点からも良さそう(主観)

まとめ

ということで今回は、シックスパッドのフットローラーが足裏ケアに最適すぎたので、みんなにもぜひ健康になってもらいたくて記事にしました。

毎日の足裏ケアが習慣化できるだけでなく、コンパクトで軽量ボディなので旅行や出張先にも持ち運べて、毎日身体のメンテナンスが気軽にできる超優れものです。

自宅でもお出かけ先でも、ちょっとした時間で健康になれちゃうシックスパッドのフットローラー、ぜひお試しください〜。

そんな感じで。

ここ最近の毎晩家に帰ってから寝るまでのルーティン2019夏

自分の体を実験台にして良いと思ったことは全部やるようにしている

【健康第一】新時代のノマドワーカーの持ち物にはきっと青竹踏みが必要

30代で取り入れた疲れにくい体を無理なく作る3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。