自分の体を実験台にして良いと思ったことは全部やるようにしている

最近よく「太った?」と言われますが、一応今年(2019年)下半期の目標は体重10kg減です。

別に痩せて人からどう見られたいわけでもなければ、体重の数値なんてものはただのナンバーであって「〇〇kg痩せた!」の部分は実際はどうでも良いわけです。

それよりも「このままの生活を続けた〇〇年後の自分の未来がやばいのでは?」と考えることが多くなったので、良いと思ったことは一つずつ取り入れて自分の体で実験しています。

それは一ヶ月後かもしれないし、一年後、三年後かもしれない。

もしかしたら10年経っても何も起こらないかもしれない。

でも、いざその時が来てからでは遅いので、これまで積み上げて来た悪しき習慣を悔い改めて行こうと思いました。

良いと思って取り入れて自分の体で実験していること

特にジャンル分けはせず、順不同というか取り入れた順で随時追記していきますね。

 

水を1日4L以上飲む

「人は1日に2Lの水が必要」とかいうじゃないですか?

もちろんそれは間違ってなくて、2Lでも飲まないよりはかなりいいです。

ただぼくはその倍ね。倍。

もう規格が違うっしょ。

理由は単純に、体内に長いこと悪いもの溜め込んで来た感があるから、早め早めに循環させるため。最近は1日8回くらいトイレ行く。

トイレで放尿する度に、体内に蓄積された悪い奴らが追い出されている感が半端ないです。

 

野菜ファーストで食べる

人はよくダイエットとかの時に「食べる量」だけでコントロールしようとする人が多い。

食事の時に何から食べるかっていうことに意識を向けていて、要するに「口に入れる順番」が大事ってことです。

特に空腹時は吸収率が高いので、猛烈腹が減っている時に脂質の多いものから口に入れたら脂質をめっちゃ吸収してしまう。逆を言えば美味しいものを最後まで取っておくと太りにくいってこと。

ぼくはサラダや副菜などをまず片付けてから、メインのものを食べるようにしています。

これなら脂質の多い食べ物を食べる量が一緒だとしても、吸収率で差がつきますよね。

 

一口を小さくして30回以上噛む

噛む行為は良いことづくめなので、とにかくよく噛むってことを意識しています。

毎回30回数えることにフォーカスしすぎると、一緒に食べている人の話聞きにくかったり、味に集中できなかったりで食べることを楽しめなくなるので目安くらいだけど。

唾液がたくさん出れば食べたものを消化しやすくなって胃腸の負担も減ります。

胃腸がきちんと働くと、口臭や体臭の予防にもなる。

何より顎を動かすと脳の働きが活発になるし、発育途中の子どもであれば歯並びもよくなります。本当いいことしかない。

早食いは心疾患などのリスクも高まるので、ゆっくり食べることはめちゃ大事。

 

足裏のケア

先日、あのイチローも重要視した足裏ケア!気軽に行うにはシックスパッドのフットローラーがおすすめって記事も書きましたが、ぼくは以前から足裏のケアは結構重視しています。

足は体全てを支えてくれているし、体の中で一番低い位置にあるので血行も悪くなりやすく不純物も溜まりやすいです。

体の土台が崩れれば、本体がおかしくなっていくのも時間の問題なので、最近はよく歩くことを意識しながら座っている間は常にフットローラーをコロコロさせて足裏に刺激を与えています。

持ち運びもできるので、旅先や出張時に持っていけます。

 

体幹を鍛える

最近は筋トレブームというか、ジムに通うことが一つステータスみたいな気がします。

別にそれはそれで否定も何もないですが、ぼくは一応体育大学出身の元アスリートなので別にジムに行かなくても自分でメニュー組んで自重トレーニングをやっています。

最近は倒立・プランク・スクワットを各1分ずつ行う「#3分トレーニング」を行なっています。

良いと思って自分の体に取り入れて起きた変化

実感していることをまとめておきます。

  • 制限するより出せばいいのでストレスない
  • トイレに行く数が激増
  • 汗をよくかく、べたつかない
  • 寝つきがいい
  • 疲れにくい

 

制限するより出せばいい

ダイエットの際には「〇〇制限」みたいな、やっちゃダメなルールが多く登場するので、それだけでできないことが増えてフトレスがかかります。

ぼくは今の所、何かを制限はしていないので、とにかくたくさん水を飲んで体内サイクルを早めにするだけです。なので超気楽に楽しんで続けられます。

トイレに行く回数が激増

飲む水の量が増えたので、当たり前ですがトイレに行く回数が増えました。

それによって「体内から悪いものを追い出している感」が半端ないです。

便は、「体からのお便り」とも言われるくらい目に見えない体内の状態を知らせてくれるものなので、その変化もしっかり見届けています。

 

汗をよくかく、そしてベタつかない

以前より汗を書く量が増えた割に、その汗自体はベタベタせず、どちらかというとサラサラ流れて行くので心地よい汗のかきか方な気がしています。

あと、少なからず代謝が上がっているのもあるので、引き続きトレーニングは継続します。

自分の体に取り入れたことは追記して行きます

ということで、良いと思って生活習慣の中に取り入れて、実験している内容と実感している変化をまとめました。

今後随時追記をしていきますのでお楽しみに。

そんな感じで。

アラサー男子が効果を実感している100円ショップで買えるおすすめ健康器具を紹介する

【健康第一】新時代のノマドワーカーの持ち物にはきっと青竹踏みが必要

30代で取り入れた疲れにくい体を無理なく作る3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。