元高校教師がカンボジアに小学校建ててライターとカフェやってます

英語が話せるようになったら海外行きますって人は多分一生行かない

学生の時は海外なんて縁がないと思っていた北川勇介(@yusukeworld_)

 

この記事では

  • 今英語が話せないから
  • 英語の勉強をして
  • 英語が話せるようになったら海外へ行こう

と考えている人のために書いています。

 

ゆーすけ

今の時代、絶対海外行くべきっしょ

なんて薄っぺらいこと言う気はありません。

行きたければ行けばいいし、行く気がないなら行く必要もないので。

 

この記事でわかること
  1. 英語が話せるまで海外へ行かない人は多分一生海外行かない理由
  2. 英語が話せなくても海外へ行く方法
  3. 英語が話せなくても海外で働けます

1.英語が話せるまで海外へ行かないって人は多分一生海外行かない理由

海外へ行っても行かなくてもどっちでもいいっていう前提での話ですが、

英語が話せない人

英語が話せるようになったら海外で働こう!

って言っている人は、多分ですけど一生海外行かないです。

その理由としては

  • 語学力に終わりはないから
  • どこにいても語学力は自分次第だから
  • やらない理由を見つける人は次もやらない理由を探すから

といったことが考えられるからです。

 

語学力に終わりはないから

当たり前のことを言いますが、語学力に完成形はありません。

使えば覚えるし、使わなくなれば忘れていく。

だから、どこまで話せるようになったら海外で働けるか?なんてラインはありません。

「TOEIC何点取ればいいですか?」

ってのは、自分の中の指標としてはありです。

ですが、これも高得点の人が海外で通用する英語力があるか、というと必ずしもイコールではありません。

 

どこにいても語学力なんて自分次第だから

「海外に行けば英語は話せるようになる」

これは半分正解ですが半分間違いです。

結局どこにいても使えば成長するし、使わなければ衰えます。

どれだけ困っても英語で話すしかないって環境になれば伸びますが、海外でても日本人とばかり関わっていれば住む場所が川田ビットフライヤーだけで語学に対する環境は変わっていません。

日本国内は圧倒的に英語を使う機会が少ないので、海外に出る方が使わざるを得ない状況に自分を持って行くことはできます。

 

やらない理由をもつける人は次もやらない理由を探すから

「英語が話せないこと」は海外へ行かないために自分を言い聞かせている理由の一つです。

英語が話せるようになったとしても、次は「お金がない」「仕事を辞められない」などと言って行かなくても良さそうな「それっぽい理由」を探すことだけ上手になります。


2. 英語が話せなくても海外へ行く方法

英語が話せないとしても海外へ行く方法を紹介します。

  1. パスポートを取得する
  2. 航空券を予約する
  3. 1と2とクレジットカードを持って空港へ行き飛行機へ乗る

これができれば、飛行機降りたらもう外国にいます。

どれだけ英語が話せても、この段取りができなければ一生海外へは行けません。

嘘だと思うなら、一度このステップ全部踏んでみてください。

とりあえず英語話せなくても、海外へ行くことは達成できます。


3. 英語が話せなくても海外で働けます

ぶっちゃけ英語が話せなくても海外で働けます。

カンボジアに来たらわかりますが、現地のクメール語はおろか英語も話せないけど働いている人めっちゃいますよ。

でも、これは「英語が話せないままでもOK」ということではないです。

最初は話せなくてもいいけど、話せるようになる努力は必要です。

で、努力をするということに関しては年齢とか学歴とか関係ないので「若いからできる」「学校でてないから無理」とかは理由にはならないですよね?

世の中はシンプルで、やった人だけができるようになるし、やらない人は一生できないままです。

そして、繰り返しですが、最初はできなくてもなんとかなります。

ですが、結局いずれ困ります。

理由は三つです。

  1. 成長しない人生は退屈
  2. 成長しない人同士でつるむ
  3. 日本でいいじゃん

 

成長しない人生は退屈

普通に考えて、1年前よりも自分がどう変わったかも自分で語れない人生って退屈じゃないですか?

1日1単語覚えたら、1年後には365単語覚えています。

 

成長しない人同士でつるむ

成長が止まると成長を止めた人同士でつるみます。

なぜなら、自分と似たような人と過ごすのは居心地がいいから。

一生懸命努力してもがいている人がまぶしいのに自分は成長を止めたから、頑張っている人のケチつけたり粗探したり、しょうもないことに時間を使い始めます。

そんな人生クソつまらないのでぼくは絶対いやです。

 

日本でいいじゃん

そうなったら日本でよくないですか?

全然海外にいる意味ないので、日本で生活した方がいいですよ。

「あれ?なんで俺はこんなことしてるんだろう?」ってなりますよ。


結論

ということでまとめます。

海外へ行きたいなら英語が話せなくても行くべきです。

ですが、行ったらいいわけではなくて、行った先で血の滲むような努力をしたらいいです。

つまり

  • 英語が話せないから海外行けない
  • 英語が話せなくても(ずっと)OK

というのは幻想です。

語学に関しても貯金に関してもそうですが、準備万端ってことはありません。

だから、時が来たら行けばいいし、ダメなら戻って来ればいい。

要は行けるとこまで行くだけですね。

 

最後に昔、いただいたアドバイスを紹介します。

「山に登りたいと思ったら登れるまで登ってみたらいい。ただ足りないものがあったらいつでも戻ってこい」

と言われたことがありました。

  • 登り切る体力がなかった。
  • 登り切るために必要な装備がなかった。

ということは、登ってみて初めてわかると。

 

「足りないと思ったら一回無事に降りて来て、次のチャンスを狙え」とも言われました。

登頂していなくても、一回登ってみたっていう経験が次の準備をもっといいものにする。

最初からみんな登頂を目指すし、そのための準備をしたがる。

だけど、「登ってみた」と「登ろうとしている」はどちらも登りきれていないけど大きな差があるんだ、ということを言ってくれた人がいました。

 

人生の挑戦はどれも山登り。

一歩踏み出したらあとは次の一歩を出すだけです。

一歩出すか出さないか。

果たしてどちらが有意義な人生でしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。