【ケップ】海沿いのレストランHoly Crabでカニ三昧してきた

カニが有名なケップという街で立ち寄ったレストランです。タイトル通り、カニを堪能してきました。ケップ旅行へ行かれる方のレストラン選びの一助になりましたら幸いです。

ケップの海沿いにあるレストランHoly Crab

こちらです。「Horl Crab」というお店。クラブ・マーケットというエリアにあります。このエリアにはたくさんの飲食店が並んでいますが、いわゆる海の家的な見た目ではなく、無機質なコンクリ仕上げで我々の目を引いたこちらのお店に入店しました。

店内はこのような。海を見ながら食事をいただけます。

海がこの距離。

着席してから、入口の方を振り返った写真。バーカウンターなどもあり、しっぽり飲むのも良さそう。

ケップの海沿いレストランでカニを食べよう

この日はケップに着いた初日ということもあり、彼女と2人で「カニ三昧しましょう」と決まっていました。以下注文したものです。

カニとアボガドのサラダ。ぶっちゃけ運ばれて来るまでは、どうせサラダの中にちょっとカニが入ってますって感じだろうなと思ったら大間違い。

このくらい食べ応えのあるカニが、どっさり乗っています。先入観で変な予想をしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。アボガドもほどよく熟しておりおいしい。

蒸したカニ。写真だと二杯に見えますが、三杯います。

サイズはこのくらい。食べ応えもあるし、蟹味噌までしっかりおいしい。

カニの殻を割るための工具として、くるみ割りみたいなのが出てきます。ケップに来るまでは、カニが有名って言いながらもどうせろくに食べるとこないようなサイズだったり、生臭かったりするんだろうなと決めつけてた過去の自分の指を挟んでやりたくなりました。

〆のカニチャーハン。チャーハン自体の味付けは普通ですが、こちらもカニがふんだんに使われており、食べ応えのある一品。

飲み物も頼んで、2人で35ドルほどでした。大満足。

まとめ

ということでケップで行った、カニが堪能できるレストランの紹介でした。2人でこの量食べてお腹いっぱい。カニって食べまくると、胃がもたれるんだね〜などと会話しながらホテルへ戻りました。おいしかったです。

去年のふるさと納税で注文したカニ


シェムリアップからケップ移動

シェムリアップからケップまでは、プノンペンを経由していきました。