日本国内旅行一週間

一週間ほど日本国内をフラフラしてきました。

旅程

4月12日〜東京
4月14日〜福岡
4月16日〜東京
4月18日〜静岡(帰宅)

ということで決まっていたのは14日の朝7時5分に成田空港発で16日の昼15時10分に福岡空港発ということ。あとは連絡くれた人と会えそうな日程で会って乾杯しまくってきました。肝臓がぶっ壊れそうです。

多分今まであった中で1番の酒豪のエリ姉とキャッシュオンのお店でビールを奢り合うという謎の飲み方でフラフラになったり、大学野球の仲間のカジとカラオケで泥酔したりしました。

大学時代のバイト先のマネージャーだった加藤さんと8年ぶりくらいに会って飲めたのは感動。

この旅のハイライトは福岡へ向かう前日夜。学校建設を手伝ってくれたくるみと来月開催予定の学校完成報告会の打ち合わせという名目で渋谷で飲みまくったまま、成田空港へ向かうために一緒に山手線に乗りました。

くるみは品川乗り換えで先に降りて、ぼくは東京駅からバスに乗りたかったのでもう少し先まで。

くるみと別れてちょっと瞬きしたと思ったら品川のひとつ前の大崎にいたんですね。さっきくるみは品川で降りたはずなのに。車内放送は「次は品川、品川です」とか言っててちょっとマジで何言ってるのかわからなかった。くるみとは飲んでいなかった世界線にタイムトラベルでもしているのかと思いました。

で、気持ち悪くなって次の品川で緊急下車。トイレにこもりました。

結局東京駅着いたのはかなり遅くて、どうしていいか全然わからなかったです。

  1. 東京駅で野宿して朝一のバスで成田空港へ:寒い 間に合うのか不明
  2. 深夜バスで成田空港へ行き空港のカプセルホテルで宿泊:温かい 起きれるのか不明
  3. 深夜バスで成田空港へ行きそのまま野宿:どこで寝れるのか 起きられるのか不明

不安要素しかない。

結局第二案を選び、お金で快適な寝床を確保することにしました。通常1,000円で行ける空港行きのバスは深夜料金で2,000円。こんな酔っ払いでも乗せてくれることに感謝しながら「どうせなら5時間くらいかけて空港まで行ってくれないだろうか そしたらよく寝れるのに」と思いながら爆睡。滞りなく空港につきました。早い。

遅刻の不安は大学野球時代に植え付けられているせいか、爆音の目覚ましを無意識にかけており無事に起床。近いカプセルで寝ていた方々もしかしたら失礼しました。熱々のシャワーで無理やり体を起こしてちゃんと出発できました。よかったですね。

成田空港の早朝出発か深夜到着のフライトなら24時間OPENのカプセルホテル9hがおすすめ

国内線予約はジェットスターを利用

今回の国際線の航路は成田⇆福岡間。

フライト予約はジェットスターで予約したのですが、往復1万円ちょいと想像以上に安くてビックリしました。往復ですよ?

新幹線で東京⇆博多往復したら約4万5千円、片道所要時間はおよそ5時間でした…。陸より空の方が早くて安い時代。海外旅行だけではなく、国内旅行もかなり行きやすいイイ時代を生かされています。

国内一週間旅行の荷物

今回の旅の持ち物です。先日購入したグレゴリーのデイアンドハーフパックひとつにまとめました。

二週間ほど前にブログで晒した物欲たちも少し満たしました。好きなものだけ持って好きな場所へ行きたい。

グレゴリーのデイアンドハーフパックレビュー

グレゴリーのデイアンドハーフパックを買ったのでレビュー

ていうか、国内線の飛行機を自分で予約して乗ったの初めてだったんですが機内持ち込みって5kgなんですね。てっきり7kgかと思って油断しました。計られなかったので何事もなく乗れました。

グレゴリーデイアンドハーフの中身

飛行機の機内持ち込み手荷物7kgを常に意識して生活しておけば怖いものはない

まとめ

いい旅でした。またふらっと行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。