ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

WORLD INFO

【成田空港】早朝のフライトで出発する際のおすすめはカプセルホテル9hでの前泊一択

投稿日:2016年4月16日 更新日:

LCCが普及したことで国内・国外問わずお得に飛行機に乗れるチャンスが広がりました。

特に国内線では東京から大阪や博多へ移動するのは、新幹線より早くて安いという奇跡まで起きています。

 

そのため、お得なセール期間などを狙って飛行機を予約することで、費用だけでなく移動時間まで節約することが可能になりました。

関連記事:おすすめのホテル(宿)&航空券予約方法【海外旅行・出張・ノマド・バックパッカー向け】

 

しかし、一方でLCCは早朝や深夜など時間帯が非常に限られたフライトしかないことも多いです。

またそういった時間を外すとそんなに値段にお得感を感じなくなったりもするものです。

 

ぼくが先日予約した日は、朝の7時5分発(成田→福岡)が一番安かったのですが、それでは当日東京都内からチェックインに間に合うように成田空港へ到着することは難しかったです。





早朝便や深夜便の際に利用したいカプセルホテル

IMG_6435

そこでぼくが今回利用したのが、成田空港内のカプセルホテル「9h」です。

 

東京都内から成田空港へは、京成バスを利用すると順調に走っても1時間ちょっとはかかります。

特に国際線の早朝便の場合は、成田空港内にあるカプセルホテル「9h」に前泊すると安心です。

 

空港の敷地内にあって各ターミナルへもアクセスしやすい上に、移動の前にしっかりと睡眠が取れるというのは思っている以上にメリットがあります。

 

9hは宿泊が4,900円から、仮眠は1,500円から、シャワーは1,000円で利用できます。

 

9hにチェックインするための道順

成田空港までの高速バスを利用した場合は、「第2ターミナル」で降りると「カプセルホテル」や「9h」のような案内が出ているので順路に従って行けば簡単にたどり着くことができます。

9hは地下一階にあります。

IMG_6434

エスカレーターを下ると目立った入り口が目に飛び込みます。

IMG_6435

入ってすぐチェックインのカウンターがあるので手続きを済ませましょう。

チェックインカウンターから先は、完全に男女別室になっているので女性も安心して利用できるカプセルホテルです。

 

ホテル内には自販機はないので、飲み物は事前に買っておいたほうがいいです。(出てすぐのところにあります)

ベッドスペースでの飲食はできないので注意です。

 

9hの中へ潜入してみました

チェックインが終わるとこのようなバッグを渡されます。

IMG_6439

バッグの中身は部屋着とバスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセット、室内用スリッパが入っています。

チェックインカウンターから、それぞれ左右に分かれて男女別のスペースへ移動します。

IMG_6436

 

預かったバッグと自分の荷物を持ってロッカーへ向かいます。

IMG_6437

 

こんな感じのロッカールーム。

まるでトレーニングジムの更衣室のような感じです。

 

ロッカーは一個一個の広さが、見た目以上に十分すぎる大きさです。

IMG_6438

 

ここに入りきらない荷物がある場合には、空港内のロッカーを使用することになるそうです。

スーツケースやバックパック程度なら下の段に十分入ります。

(ぼくは75Lのバックパック使ったこともありますがスッポリ入りました。)

 

ロッカールームの先にあるシャワールームは、白を基調とし清潔感のある空間になっています。

IMG_6440

十分すぎる水圧に満足。さすが日本です。

IMG_6441

アメニティも充実しています。

IMG_6442

トイレや洗面台も数が多く設置されていて、混み合う時間でも大人数で使用できます。

IMG_6446

いよいよカプセルへ!

IMG_6443

今回は、到着が夜遅かったこともあり、少し暗くなってしまいましたが、カプセルが連なるスペースはこんな感じになっています。

 

なんだ!この、宇宙船みたいな空間は。

(宇宙船乗ったことないけど。)

 

一個一個のカプセルは圧迫感もなく、清潔で快適な空間になっています。

IMG_6445

枕元にコンセントがあるので、スマートフォンなどの充電もできます。

耳元からは、波の音が聞こえて来ているのでリラクゼーションも期待できそうです。

(ぼくはすぐ消しましたが。)

 

9hのチェックアウト

朝起きたら、再びロッカールームへ戻り荷物をまとめます。

 

タオル類や部屋着はシャワールームや洗面所付近に回収ボックスがあるので、その中へ投げ入れるだけです。

付属の歯ブラシなどもゴミ箱があるので、不要であれば捨ててしまってOKです。

 

渡された袋をカウンターに返せばそのままチェックアウトになります。

 

まとめ

カプセルタイプと聞くと、狭くて窮屈なイメージがありませんか?

9hはそんなイメージを完全に払拭してくれる快適なカプセルホテルでした。

 

ぼくはこれから、早朝の便で成田から飛び立つ前の日はここに泊まります。

今回は到着が遅かったので次回はもう少し余裕を持って到着し、満喫したいと思います。

 

ちなみに9hのおすすめ予約方法は、ハピタスに無料登録後に旅行サイト「じゃらん」から予約をしつつ、「楽天トラベル」で東京駅から成田空港へのバスをお得に予約してしまう方法。

この手順によって、ハピタスポイント、じゃらんポイント、楽天ポイントが貯められます。

 

この手順がめんどくさい人は、Booking.comExpediaなどの予約サイトから検索すると簡単ですよ。

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-WORLD INFO

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.