YouTube再開しました>>>

MacBook Airのストレージ容量確認方法と負担をかけないためのおすすめ対策

MacBook Airを長いこと使っているのですが、動きが悪いなぁと思っていたら知らん間にストレージ容量がいっぱいになっていました。なんじゃこの書類の山は!!!512GBに拡張していなかったらとんでもないことになっていたでしょう。

MacBookのストレージ容量を確認する方法

まずは簡単にこのストレージ容量を確認する方法から。

  • 画面左上の
  • このMacについて
  • ストレージ

で確認できます。

ちなみに、今回の内容と全然関係ないですが、この「」はshift+option+Kで入力できます。iPhoneやiPadでの方法はこちら。

iPhoneやiPadで(アップルマーク)を簡単入力する方法

iPhoneやiPadで(アップルマーク)を簡単入力する方法

MacBook Airのストレージ容量に負担をかけないおすすめ対策

普段からMacBook AirのHDDにデータを保存しまくるとこのような事態が起きますので、データ保管場所を外部メディアにすればいい。けど、毎回外出の度にポータブルHDDを持ち運ぶのもめんどくさい。

大容量MicroSDカード

そこで大容量のMicroSDカードを用意しました。MacBook Airで作業をする際は今後必ずこいつを差し込んでおけば安心ですね。やったぜ。運用方法としては

  • MacBook Airで作業する際は必ず装着
  • なんらかのデータを保管するときにデスクトップとかダウンロードフォルダを使わない
  • MicroSD内にじゃんじゃか保管
  • MicroSD内をわかりやすく整理
  • 使わなくなったデータからポータブルHDDへ移行

すれば普段からMacBook Airそのものにストレージの負担をかけることなく、サクサク作業できる上に必要なデータも簡単持ち運びできます。できればAirDropで受信したファイルとかもダウンロードフォルダではなく、一発でMicroSDに読み込めたらいいのに。

SundiskのMicroSD

パソコン作業は大容量MicroSDカードを買って機動力ぶち上げていこう

SDカード

MacBook AirでSDカードが読み込めなくなった時に試した4つのこと

あと今回は何も調べずに「MicroSDなら軽くていいだろ」と思って買ったのですが、このように飛び出すんですね。

 

調べたらすっぽり収まってくれるタイプがあることを知りました。スタイリッシュを目指す人にはMicroSDよりこちらが断然おすすめ。ただこちらはどんなパソコンにも合うものではないらしいので、自分のパソコンに合わせて選ぶ必要があります。

MacBook Pro 13インチ用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。