ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




WORLD INFO

【取扱注意】規定内のポータブルモバイルバッテリーが手荷物検査場で没収されるたった一つの理由

投稿日:2016年12月11日 更新日:

バンコクでの仕事がスムーズに終わって、意気揚々と帰国の途へ…と思いきや。

帯同していたユウト(@yu_torisu4)が手荷物検査場で捕まりました。

ポータブルモバイルバッテリー没収です。

ぼくもユウトもANKERのPower Core20100を愛用しています。

DSC_1089

規定では、20000mAh代のモバイルバッテリーは、飛行機内への持ち込みが可能です。

それなのに、ナゼ・・・。

今回は、同じようなことになる人を減らすべく、この謎に迫ってみました。





飛行機内に持ち込めるモバイルバッテリーのアンペア数

飛行機内へ持ち込みができるモバイルバッテリーは、32000mAh未満のもの。

43000mAhまでという記事も見つけましたが、実際に今回没収されたバンコクの空港(ドンムアン空港)では32000mAhと書いてありました。

ぼくも実は、相方の勇太に言われるまで、モバイルバッテリーの持ち込み制限知りませんでした。

もともとリチウム電池は預け入れができないので、飛行機内に持ち込めば何でもいいのかと。

そしたら、違うようです。

なぜ今回、ユウトは没収されて、同じものを持っていたぼくは没収されずに済んだのか。

その答えは、、、

 

規定内のアンペア数のモバイルバッテリーが持ち込めない理由

ぼくとユウトが同じものを持っていたのに、ぼくだけ持ち込めた理由は…

賄賂です。

 

うそです。

ごめんなさい。

 

本当は、、、

アンペア数の表記の有無です。

 

もちろん、アンペア数の表記があったとしても、規定の容量を超えているモバイルバッテリーは持ち込みができません。

ですが、今回のように規定内だとしても、表記が擦れて消えてしまうと規定内のアンペア数のものも持ち込めないんです。

img_8355

そのためにも付属の袋にきちんと入れて、本体に傷をつけないことが大切です。

 

「一回もその袋使ったことないっす」

ってユウトは言っていたので、その所為でしょう。

ぼくも、たまにめんどくさくて袋の中にケーブルとか一緒に詰めていましたが、これを機にやめようと思います。

 

まとめ

今回、初めてのタイ滞在だったユウト。

いろいろ、失うものが多かったそうな?詳しくは本人へ。

(@yu_torisu4)

 

せっかくモバイルバッテリーをフル充電してから空港へ向かったのに、物の見事に持って行かれましたね。

同じようにANKER製品をお使いの皆様、これから買おうかなって思っていた皆様、くれぐれも袋を使用せずにアンペア数表記を消してしまわぬようにお気をつけくださいね。

 

(おまけ)

そういえば、ぼくはバンコクでとてもいいものを仕入れました。img_8358

iPhoneのショートケーブル。

 

Apple認証のものではないです。

 

同期もできない充電タイプ専用ですが。

 

通常のケーブルだとカバンの中でケーブルがグチャグチャになるし、充電しながら使う時邪魔でした。

 

が、これですっきり解決です。

img_8356

まだ使い始めですが、ケーブルも丈夫だし断線しなそうな雰囲気です。

img_8357

いいもの買えました。

 

モバイルバッテリー愛用者にはオススメです。

 

Amazonで探したらこんなものもありましたね。

 

欲しい人はバンコク行く際に、まとめて買ってくるので教えてください。(締め切りました。)

 

 

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-WORLD INFO

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.