ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

自分の人生を思い通り生きること、自分の身体を思い通り動かすこと

投稿日:

自分の人生は「思い通りにしたい」という人が多いけど、自分の身体を思うように動かそうと考える人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

ぼくは最近になって、自分の身体のケアに対する時間を多く取るようになりました。

 

それはもちろん、自分がやりたいことをやるための準備でもあるのです。






手段を夢や目標にしている人

これまた別記事で書いていますが、手段を「目標」だと勘違いしている人が意外と多いと思います。

 

「健康になること」はぼくにとっては目標でも何でもなくて、やりたいことやるための手段の一つです。

 

「健康になること」それ自体はゴールでも何でもないから、「今より健康になった自分が作る未来」が想定できています。

 

だから続けることができます。

 

目標が明確だから。

考える量、実践する量を増やすことの重要性

ちなみにぼくは、多少の身体の不調や違和感に対しては、自分なりの考えや理論で改善して行くことができます。

そして、ダイエットや筋トレのためにジム通いとかバカらしいとさえ思ってしまいます。

 

でもそれは、ぼくの特別な能力ではなくて、いろんな手法を試したから。

 

合うものだけが残っていて、合わないものはやめています。

 

結果、考えた量と実践した量が圧倒的に多いということです。

 

そして、ぼくが実践しているメニューが人に当てはまるかも違います。

 

だから筋トレやダイエットは、いろんなやり方があるんですよね。

 

ですが、ダイエットや筋トレ、総じて身体に関する知識がないことが問題なのではなくて、言われたことや教わったことを考えて取り組むかどうかで、やる前からもう差はついているってことです。

 

人生や仕事も同じ

考える量や考えたことを実践する量を増やすことは、生きていくことや働くことにも通ずるものがあって。

 

単に「ストレッチは健康のためにいいよ!」と言われて何となくやってみた人と「この筋肉を意識して伸ばすとこんな効果につながる」ってことを考えて行なっている人には雲泥の差があります。

 

それは知識の差ではなく思考の差。

 

特にぼくの場合は「ストレッチ」の中でも「股関節にスポットを当てる理由」があるから、ストレッチは健康にいいと聞いただけの人とは始まりから差があると思っています。

「センスや才能がない」とか言う前に凡人に足りていないのは考える量と動く量

こんにちは、凡人を絵で描いたような凡人北川勇介(@yusukeworld_)です。   一昨日から期間限定でBar営業をしています。   場所はもちろんカンボジア・シェムリアップで …

続きを見る

 

考えることもしないで人に方法や答えを聞きたがる人、やりもしないで評論するだけの人。

 

一方で、自分の頭の中で考えたことをやってみる人、その結果を踏まえて改善策を練られる人。

 

どちらが社会の中で活躍できる人であるかどうか。

 

どちらが社会の中で必要とされる人かどうか。

 

考えなくてもすぐにわかりますよね。

 

少なくとも自分はどんな人間でありたいかくらいは。

 

まとめ

ぼくは、自分の人生の中で達成したい夢や目標があります。

 

その実現をするために、動き回れる身体を持っておくことは目標達成のための手段の一つです。

 

そして、目標が明確になっていれば、目標達成のための行動(手段)は明確になります。

 

あなたが今始めようとしているその行動(手段)によって、どんな夢や目標が叶いやすくなるのか?

 

これが見えたら、きっと続けることは簡単になるはずです。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.