ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

コラム じぶんごと

人生なんていつどうなるかわからないのに、僕は「またね」を軽く捉えている

更新日:

_ysk5023

カンボジアでの10泊11日を終え、クアラルンプールを経由して関空へ。

_ysk5025

「乗り換えが不安」という理由で同じフライトにかぶせてきた弟のようなゆうと。

 

_ysk5031

完全にくつろいでやがる。

 

_ysk5033

おやすみ。

 

そんなこんなで。

日本へ帰って(?)きました。

 

日本へ帰ってきたのか、来ているのかすらわからないです。

 

あれ?おかしいな。

短パンの人少ない。

 

カンボジアでのラストナイトは恒例のヨコハマにて。

img_7822

ヨコハマは、シェムリアップ在住者の憩いの場所。

 

ラーメン屋であり、バーであり。

 

そして日本語のカラオケができる場所。

 

げんちゃん、いつも遅くまでごめんなさい。

 

出発の朝、いつもお世話になっているシティげゲストハウスで目を覚ます。

 

まぶたが…身体が…

 

重い…。

 

そういえばヨコハマではしゃいだ後、シティに戻ってオーナーの金子さんとインターンのまなみともう一飲みしたんだ。

 

ラストナイトとか言って。

 

その癖、朝になると「どうせまた来るんだし」とか言われて、あんまり別れを惜しまれない。

 

僕の後悔は、別れ際にお世話になった人たちへの握手とハグをしないままトゥクトゥクに乗ってしまったこと。

 

だから、みんなで写真も撮っていません。

 

これが今回の後悔。

 

 

僕はこれまでもたくさんの人と別れをしてきたし、多分てか絶対これからもそう。

 

出会いの分だけ別れも増える。

 

またすぐに会う人もいれば、もしかしたらもう会わない人もいるかもしれない。

 

それなのに。

 

そんなことわかっているのに。

 

僕はいつもそうやって「またね」を軽く捉えて、割と簡単に人と別れてきたことが多かった。

 

またね!ってどれだけ元気よく手を振って笑顔で別れたって、その「また」が急に二度と訪れなくなってしまうことだって僕は知っている。

 

知っているのに。

 

「またね」の奥には「どうせまた会える」という気持ちがあって、どうせまた会ったって、他愛もない話に花が咲いて、ビールの勢いが加速するだけなんだけど。

 

また会える保証なんてないんだ。

どれだけ約束したって。

 

その約束をどれだけ守ろうとしたって。

絶対はないんだ。

 

それでも僕らは別れなくてはいけない。

 

だから、

また笑って会いましょう。

笑って飯を食おう。

 

そんな別れ際がちょうどいいのかもしれない。

 

大切にしているようで大して実行できていなかった「丁寧に生きる」ということ。

 

もう一度見直してみようと思いました。

 

ただ、本当に大切にしたいものを大切にするために、切り捨てる、手放すことも大事にしようと思います。

 

人の人生に責任は取れないから、否定はしません。

 

それでも僕は、僕を信じてくれている人達とどこまでも先へ行こうと思います。

 

そして、僕が信じている人たち。

 

僕から離れていくことはないので安心してください。

 

どこまでも行きましょう。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-コラム, じぶんごと

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.