シェムリアップから夜行バスに乗ってシアヌークビルへ行く方法【Giant Ibis】

カンボジアの世界遺産アンコールワットのある街シェムリアップから、ビーチリゾートエリアのシアヌークビルへ行ってきたのでレポートします。今回は「Giant Ibis(ジャイアントアイビス)というバス会社の夜行バスで行きました。

シェムリアップでシアヌークビル行きのバスを予約する方法

バスのチケットを買う場合は、直接バス会社へ出向くのが一番お得だと思われます。宿泊しているホテルやゲストハウスでも手配をしてくれることもあると思いますが、関わる人が増えればそれだけ手数料がかさむので自分でやるのが一番安い。

「別に手数料がかかってもいい」「自分でやるの不安」「暑い中オフィスまで行くのだるい」という人は、宿泊先や近くの旅行会社でお願いしてみるといいと思います。今回は自分で行ったバージョン。

シェムリアップのGiant Ibisu(ジャイアント・アイビス)のチケットオフィスはシヴァタ通り沿いにあります。

今回はシアヌークビルまで直通で行ってくれる夜行バスを選択。寝てれば着くので個人的に一番好きな長距離移動方法。片道で$22です。即発券が完了します。

ちょっと気になったのは支払い方法。現金やABA PayなどのQR決済なら問題ないのですが、クレジットカードの場合はバス料金が+$1とサイトには表記されていました。クレカ支払いに手数料を上乗せして客に負担させるのは基本ダメなので、こういうことしてくるお店は好きじゃないです。なので今回は現金で支払いました。

シェムリアップからシアヌークビルまでの夜行バスの乗車方法

Giant Ibis(ジャイアント・アイビス)のバス乗り場は、チケットオフィスとは異なりますのでご注意ください。場所はここです。

自宅からバス乗り場まではGrabで移動しました。ゲストハウスなどで手配するとチケット代はやや高くなりますが、ゲストハウスまで無料でお迎えが来てくれる場合も多いのでいろいろ考えると楽だしお得かもしれませんね。

Grab Superapp

Grab Superapp

Grab.com無料posted withアプリーチ

Giant Ibisのバス乗り場。

クメール・パブストリートの近くです。コロナで真っ暗だったこのエリアが、夜に明るさを取り戻してきたのは嬉しいニュース。

バス乗り場の目の前に商店があったので水を買いました。1本1000リエル(0.25ドル)。

門を越えると暗い中にバスが複数台待機中。

入ってすぐ左手にオフィスらしき場所と待合場があります。待合場の椅子は走らなくなったバスの座席を再利用しており、バス会社らしいサスティナビリティ(?)を感じます。

20:30出発のバスだったので、チケット予約時に「20:00までに乗り場に来て」と言われていました。20:00になると待合場の椅子の前にバスをつけてくれて、チケットの確認、預け入れ荷物の受託、靴用の袋(中は土足厳禁)などを渡されて乗り込みが開始。

バスの側面には、このバスのサービス内容が書かれていますが一部は意味不明でした。

乗り込んだバスの車内です。入って左手は一人用、右手が二人用で、それぞれ二段ベッド形式になっています。今回は二階だったのですが、登るための梯子などはないので人によっては苦労するかもしれません。

乗ってから知ったのですが、Giant Ibis(ジャイアント・アイビス)の夜行バスはプライバシーゼロ仕様です。通路側にカーテンがないだけでなく、前後の人とも堺は背もたれにするにも低いほど板一枚。バスに乗ったら着替えようと思っていた女性などは先に着替えておく方がいいと思います。以前乗ったVirak Buntham(ヴィラク ブンタン)のナイトバスの方がもっと仕切りがあって良かった気がする。

関連:シェムリアップからプノンペンへ夜行バスで移動する方法

一人用のシートは逆にVirak Buntham(ヴィラク ブンタン)にはない仕様。Giant Ibisは二人用シートが二列ではないので、一人で移動する場合は知らない人と隣り合わせで寝ることになるかもしれない不安を解消できます。おひとりさまにおすすめ。

こちらが二人用のシート。いずれも人一人が真っ直ぐ寝るだけの幅。長さは身長178cmのぼくが足元に荷物を置かずにピッタリ収まるくらいだったので、180cmオーバーの人は膝曲げないと厳しいかもしれません。

ぼくらはリュックがそこまで大きくなかったしパソコンなども持っていたので預け入れはせず、リュックは足元に。身長158cmの彼女は足元に荷物あっても平気そうですが、ぼくはちょっと窮屈。

頭上にエアコンの引き出し口やコンセントがあります。日中にスマホなどのバッテリーを使い果たした人もバスに乗ってしまえば安心です。こういう時に急速充電器付きモバイルバッテリーなどがあると、いろいろ満タンにできて翌朝以降に備えられます。

Wi-Fiもあるので次の目的地の情報集めもできます。エアコンは感じ方人ぞれぞれってことを前提で、個人的な感想は「ちょうどよかった」でした。

出発間際に水が支給されました。バス会社のロゴ入り。

トイレはこのような無理矢理つけましたって感じのトイレ。ちょっと見にくい写真で申し訳ないですが、掃除用具などがおきっぱなしになっていてゴチャついています。座った高さには目隠し用の黒いシートが貼ってありますが、男性は立ってすると外が見えるので休憩中などは外の人と目が合います。

それから手洗い用の水道はありませんので、事前に手拭きシートやアルコール除菌スプレーなどを持っておくといいでしょう。てか、こういう場に手洗い場つけない衛生観念のくせに、コロナの時には人から受け取る物とかお札とかにはアルコールスプレーぶちまけまくってて、なんかこう汚れを気にするポイント違うだろってことを思い出しました。

そんな感じのバスでシアヌークビルを目指します。途中何回か停まったようですが寝ていて全然気になりませんでした。起きたら朝。シアヌークビルは目前。寝ぼけているので写真もボケていました。

シェムリアップからシアヌークビルまでは夜行バスで何時間?

シアヌークビルではGiant Ibisのオフィス前で降ろされました。場所はここ。

降車客を狙うトゥクトゥクの勧誘がうるさいです。営業や勧誘はみんな仕事なので仕方ないけど、やり方、言い方、強引さなど気持ちがいいとは言えない。ぼくは移動にGrabを使おうと思ったらシアヌークビルはGrab対応していないんですね。ドライバーに行き場所伝えて値段交渉してってやりとりがめんどくさい人はPassAppという配車アプリを入れておくといいです。

PassApp Taxi and Delivery

PassApp Taxi and Delivery

PASSAPP TECHNOLOGIES CO.,LTD無料posted withアプリーチ

ここまでかかった時間はちょうど11時間ほど。20時30分に定刻通りシェムリアップを出発したバスは、シアヌークビルのバス降り場に翌朝7時20分頃の到着でした。道路状況とかによって多少の変動はあるかもしれませんが参考までに。

シェムリアップからシアヌークビルまで夜行バスで行く方法まとめ

ということでGiant Ibisという旅行会社でシェムリアップからシアヌークビルまでの夜行バスでの行き方をまとめました。

  • 費用は$22
  • 時間はおよそ11時間
  • 水が一本もらえる
  • プライバシーはほぼゼロ
  • ドキドキトイレ

シェムリアップからシアヌークビルへの移動を考えている人の一助になれましたら幸いです。

関連:シアヌークビルからロン島・ロンサレム島へ行く方法

シアヌークビルからスピードボート(高速フェリー)に乗ると、海がきれいなロン島・ロンサレム島へ行くことができます。

Sihanoukville hotel info

シアヌークビルのおすすめホテルを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。