Square(スクエア)カードリーダーなら個人事業主でも無料でクレジット決済が導入できるよ

「クレジットカードは使えますか?」

お客さんがせっかく買おうとしてくれているのに、決済方法が現金しかなかったがために、売り上げを逃した。

そんな経験はありませんか?

 

買いたい人がいて、売りたい人がいて、でも支払い方法の少なさ故に商品購入に至らない。

これってどちらにとっても、ものすごく残念ですよね?

 

「クレジットカード決済が使えたら…」と思いながらも

  • 個人経営だしな…
  • 導入コストが高い
  • ランニングコストもかかる
  • 操作が難しそう

などの理由で、躊躇している個人事業主の方に朗報です。

 

この記事では、ぼくのような個人事業主でも、

  • スマホやタブレットがあれば
  • 無料で使えて
  • 操作も簡単に

クレジットカード決済が使えるSQUAREカードリーダーの紹介です。

スクエアカードリーダー導入のメリット

クレジットカード決済希望のお客さんに対応

これまでの課題

  • 今手持ちが少なくて払えない…
  • 銀行やATMに行く時間がない…
  • クレジットカードなら持ってるのに…

 

売り上げを左右するポイントの一つに決済の手間があります。

現金しか使えないお店では、クレジットカード決済でマイルや各種ポイントを貯めたい人にとっては行きにくいお店にもなり、リピート率も伸びませんよね。

 

また一見さんだとしても「(買おうと思ったけど手持ちがないので)やっぱやめます」を防ぐことも可能になり、これまで決済方法の少なさが原因で逃していた売り上げを見込めるようになります。

 

導入コスト、ランニングコストが無料

これまでの課題

  • クレジットカード決済機器は導入コストがかかる
  • 月々の維持、管理にもコストがかかる

 

お客さんにとってより良いシステムを導入しようと思っても、踏みとどまってしまうの原因の大部分が導入コストやランニングコストです。

機材はバッチリなのに、導入コストや月々の支払いが大変で機材のために働くような状態にもつながりかねません。

 

Squareなら、スマホかタブレットを持っていれば専用端末を4,980円で購入するだけです。

もちろん月々の契約料など維持費は必要ないので、5,000円あればすぐに導入できます。

 

しかもこのSquareは、定期的に端末代キャッシュバック全額キャンペーンをやっています。

実質タダで始められる上に、月の固定費がかからないので、持っておかない理由がないですね。

 

6種類のクレジットカードに対応

これまでの課題

  • せっかくカード決済を導入しても使えるカードに制限がある

 

現在Squareは、

  • VISA
  • MaterCard
  • AmericanExpress
  • JCB
  • Diners
  • Discover

6種類のカードに対応しているので、ほぼ全てのクレジットカードで決済が可能と言えます。

せっかく導入するのですから、幅広いカードに対応できた方がより多くのお客さんの満足度にもつながります。

手数料が安い

これまでの課題

  • 決済手数料が業種によって高い場合がある

 

一般的に加盟店手数料の相場は3〜7%で、飲食店で5%、小売業は4%程度と言われています。

 

Squareの決済手数料は3.25%とかなり安いです。

リーダーを通さず、カード番号を手入力しても決済可能ですが、その場合は3.75%と若干高くなりますが、それでも3%台。

 

5%と3.25%でどの程度の差があるか。

1000円の決済であれば、950円か967円の違い。

 

「なんだ、たった17円か」

って思いました?

 

「チリ積も」ですよ。

 

決済額が10万円になれば1,700円の差。

決済額が100万円になれば17,000円の差が生まれます。

 

17,000円が手数料で消えるか、家族で月1,2回おいしいご飯が食べに行けるか。

どちらを選びますか?って話。

 

ちなみに、カード決済の手数料を消費者に請求するのは違反なのでやめましょう。

消費者の場合も払っちゃダメですよ。

 

 

利用明細がペーパーレス

これまでの課題

  • 決済ごとにペーパー管理が大変
  • 印字した文字が時間とともに薄くなる

 

通常、店舗等でクレジットカード決済をすると、領収書やカード利用の控えなど何枚も受け取ることになったりします。

あれって管理する側も大変だし、お客さんも財布の中パンパンになりますよね。

 

Squareなら、そんな煩わしい紙媒体ともおさらばです。

レシート用のロールを買う必要もないし、プリンターの導入も必要ありません。

 

「そんな!領収書ください!」

ってお客さんにも安心。

 

メールでレシートが送ることができます。

 

入金が早い

これまでの課題

  • 商品が売れてもすぐに入金されない
  • キャッシュフローが循環しにくい

 

せっかく売れても、締め日が決められていたり、入金日が翌々月末では資金繰りも大変になります。

Squareは、最短で翌営業日に入金されるので、売れたのにキャッシュがうまく回らないといった悪循環を防いでくれます。

 

安心安全なお取引

これまでの課題

  • カード情報の漏えいなどが不安

 

Squareのカードリーダーに通した情報は瞬時に暗号化されるため、不正な読み取りは一切できないようになっています。

また、決済完了後は使用した端末(スマホやタブレット)にも情報が残らないので、お客さんにも安心して利用していただけます。

 

MFで現金管理を楽にする

これまでの課題

  • 現金管理が手間
  • お釣りの準備がめんどくさい
  • 入出金管理がめんどくさい

 

現金決済のみだと、常にお釣りを準備しておかなくてはいけないし、売り上げを金庫に保管したり、レジの中が合っているかをいちいち手作業で行う必要がありました。

MF(マネーフォワード)というサービスがありますが、今回紹介しているSquareは、MFクラウド会計と紐付けできるので、お金の管理が非常に楽になります。

 

アプリの中で顧客管理

Squareを通じての売り上げが、履歴として簡単に管理できます。

どんなお客さんが、何を、使ってくれたかの管理が簡単にできるので手間が省けますね。

 

オフラインでの決済処理も可能

オフラインモードを使うと、一時的にインターネットに接続していなくても決済が可能です。

再びインターネットに接続された際に、自動的に処理されます。

 

ただし72時間以内に処理されないと、無効になってしまいますので注意しましょう。

それからオフラインモードで決済処理待ちの状態でアプリが消えてしまうと、決済を継続することが不可能になってしまうので注意が必要です。

 

1年間のアフターフォロー

万が一カードリーダーが壊れてしまった場合には、1年間の無料保証がついてくるので安心です。

しかも、修理ではなく、新品と交換!

アフターフォローが手厚すぎますね。

 

持ち運びが超ラク

ものすごくコンパクトサイズなので持ち運びも全く苦になりません。

使用する際は、端末のイヤホンジャックに差し込むだけ。

 

ただし、事前に充電が必要(ケーブル付属)なので、気を付けましょう。

 

返品保証

購入した機器が納得できなかった場合は、30日以内であれば返品保証をしてくれます。

 

 

まとめ

ということで、スマホやタブレットさえあれば無料でクレジットカード決済を導入できるSquareというサービスについてまとめました。

 

今後はクレジットカード決済の導入によって、商品やサービスを望んでいるお客様へお届けしやすくなります。

どんどん便利なサービスが展開されていきますね。

 

  • 導入コスト、ランニングコスト無料で導入可能
  • 決済手数料が安い
  • 場所もとらない手のひらサイズ

決済方法を増やしたい個人事業主の方は、全員持った方がいいですよ。

 

個人でやれる可能性が広がっている感じをビシビシ感じております。

キャッシュレス化に対応して、滑らかに商品もお金も循環していくといいですね。

 

そんな感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。