楽天プレミアムカードを持つメリットのプライオリティパスを手に入れた後にやったこと

世界中の空港ラウンジが使えるようになるプライオリティパス。旅行好きにとってはメリットしかないので、海外旅行がしやすくなりかけている今のうちに準備しておきたい一枚です。この記事では楽天プレミアムカードのプライオリティパスの会員特典と取得後にやったことをまとめておきます。

楽天プレミアムカードを持っていない人、楽天プレミアムカードは持っているけどプライオリティパスを持っていない人はまずは以下の記事を参考にしてみてください。

プライオリティパスはいつ届く?期間は?

楽天プレミアムカードを持つとプライオリティパスがもらえる

プライオリティパスとは、国内外の旅行の際に利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず空港ラウンジが使えるようになる会員制のサービスです。対象の空港ラウンジは世界148ヵ国、600以上の都市に1300箇所以上ありますので、プライオリティパスでは入れない空港ラウンジを探す方が難しいくらい。

ラウンジ内では食事や飲み物の提供、無料Wi-Fiや電子機器類の充電スペース、場所によってはシャワーや会議室等も用意されているので、搭乗前や乗り継ぎ地では賑やかなスペースから離れてゆったりと過ごすことができ最高です。持たない理由がない。

一言でプライオリティパスと言っても、その中でもランクがあり費用な内容が異なります。

プラン名年会費ラウンジ利用料
スタンダード$99$32
スタンダード・プラス$299無料利用10回
その後$32
プレステージ$429無料

という感じで年会費を5万円弱払って初めて何回でも無料でラウンジが使えるプレステージ会員となるのですが、楽天プレミアムカードがあれば、プレステージ会員のプライオリティパスが無料でもらえます。

新しくナンバーレスになった楽天プレミアムカードとプライオリティパスカード

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円かかりますが、年に何回も空港利用する人にとっては簡単に元が取れるカードだということが言えます。頻繁に旅行や出張をしているけど、楽天プレミアムカードを持っていない人は絶対申し込んでおきましょう。

楽天プレミアムカード

ただしプライオリティパス会員ではない同伴者がいる場合は、子どもであっても同伴者一人当たり$32の利用料が必要になります。楽天プレミアムカードは個人事業主や学生、主婦の方でも比較的審査に通りやすいと言われていますので、多くの方におすすめのカードです。

楽天プレミアムカードのプライオリティパスを手に入れた後にやったこと

プライオリティパスが手元に届いたら、プライオリティパスのサイトに会員登録をしておきます。初めての場合はプライオリティパスのページへ移動して「アカウント登録」から。

会員番号を入力します。

会員番号はカードの表に印字されている数字です。

名前やメールアドレスを入力します。

ユーザー名、パスワード、秘密の質問などを決めます。

プライバシー・ポリシーなどを読みます。

会員規約に同意するボタンにチェックを入れて「アカウントを作成」を押します。

アカウントが有効化されました。おめでとうございます。

今後はプライオリティパスのページにログインすることで、いろんな情報が得られるようになります。

会員情報登録が済んだら、アプリも入れておきましょう。アプリがあると

  • 自分がいる空港のラウンジ情報を得られる(営業時間、サービス内容、場所など)
  • 自分がいる空港のフロアマップも見れる(ラウンジと自分が搭乗するゲートまでの距離感や途中にどんな店舗があるかがわかる)
  • デジタル会員証を表示できるのでプライオリティパスカードの提示が不要(万が一忘れても安心)

といったメリットがあります。

まとめ

プライオリティパスを使ってラウンジが利用できると空港内で

  • 飲食にお金がかからない
  • フライト前にシャワーが浴びられる
  • 搭乗ゲート付近でベンチや電源確保の競争をしなくていい
  • せっかく確保したベンチから荷物を全部持ってトイレを探さなくていい

と言った感じで、搭乗までの時間を非常に穏やかに静かに過ごせます。とてもおすすめ。

なお、前記事でも書きましたが、楽天プレミアムカードを持っているだけではプライオリティパスカードは発行されませんのでご注意ください。旅行や出張の予定がある方は、余裕を持って申し込んでおくようにしてください。

プライオリティパスはいつ届く?期間は?

プライオリティパスカードが無料でもらえる楽天プレミアムカードの申し込みはこちらからどうぞ。

楽天プレミアムカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。