Safariのアプリでたまに出る「よく閲覧するサイト」の表示を消す方法

iPhoneでもMacBookでもSafariは基本何もない状態にしておきたいのですが、たまに調べ物とかで同じサイト見たりすると勝手に出てくる「よく閲覧するサイト」のアイコン。そんなよく閲覧してないし、何ならもっと他のも見るしって感じでうっとおしいので消しましょう。

iPhoneでSafariの「よく閲覧するサイト」を非表示にする

  • iPhoneの「設定」から「Safari」へ
  • ちょっとしたへスクロールして
  • 「よく閲覧するサイト」のところをタップ

以上です。

MacBookでSafariの「よく閲覧するサイト」を非表示にする

  • Safariを開く
  • 画面上に表示されている「ブックマーク」に入り
  • 「よく閲覧するサイトの表示」のチェックを外す

以上です。

まとめ

何かを検索したいからSafariを開くのに、全然関係ない情報が目に飛び込んでくると「今それじゃねーよ」とか突っ込んでる間にあれ?何を検索したいんだっけ?ってなって時間もアイディアも損失出るので、ブラウザのトップ画面は常に何もない状態がいいですね。サクッとやっておきましょう。

MacBookの数字入力を常に半角にする設定方法

2018年5月16日

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外してカウントさせない方法

2016年7月17日

MacBook AirでSDカードが読み込めなくなった時に試した4つのこと

2016年4月30日

OnyXで簡単にMacBook Airのキャッシュを削除したので使い方とか注意点とか

2016年4月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。