ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

みらいスクール

静岡県立佐久間高等学校贈呈、カンボジアの井戸復活!OB四人が来てくれました。

投稿日:2017年8月9日 更新日:

2015年8月2日、ぼくらはカンボジアのロンデン村に一つの井戸を掘りました。

 

通称、佐久間井戸。

 

ご縁があって、講演をさせてもらった静岡県立佐久間高等学校の当時の在校生達が、文化祭での募金活動で集めてくれたお金で設置した井戸です。





佐久間井戸の復活へ

この佐久間井戸、相次ぐ故障で実は使えなくなっていました。

 

何度か修理を試みたものの、調子は一向に回復せず。

 

いつのまにかポンプは取り除かれ、佐久間高校の美術部員がデザインした看板も破損した後、撤去されてしまっていました。

 

どうせ直すなら、今度は佐久間高校のOBと一緒に直したいなって考えてTwitterで呼びかけたら、1人のOBから連絡をもらうことができて、日程を合わせて一緒に取り組むことにしました。

 

佐久間高校OBの4人が立ち上がりました

本当はもっと多くの人が声をあげてくれたんだけど、大学とかの実習の予定とかどうしても都合がつかず、最終的に4人のOBが現地まで来てくれることになりました。

 

中には初めての海外という人もいて、本当に不安もあっただろうなって思います。

 

だけど、自分たちの母校の名前の入った井戸を、自分たちの手で直したい。その意欲を行動に移したこと、それ自体に非常に価値を感じます。

 

佐久間井戸は無事に復活しました。

作業中の様子は、動画にまとめています。

OB達が頑張ってくれた様子を是非ご覧ください。

 

そして、シェアしてあげてください。

 

Twitterで【佐久間速報】を出すと、反応してくれる佐久間のみんな、いつもありがとうございます。

 

佐久間井戸掘り1日目

佐久間井戸掘り2日目

 

佐久間井戸を掘り終えて

実はこの井戸掘り。

佐久間のOBだけでなく、同じタイミングでカンボジアで出会った旅人や、ぼくのブログを見て会いに来てくれた人など、いろんなご縁が広がって、大勢で賑やかに、そして楽しんでつくることができました。

孤児院の子ども達も来てくれて、地味な作業、しんどい作業、重たいもの運んだり、本当にみんなが妥協せずに頑張ってくれたんです。

 

できることに差はあっても、自分ができることを全力でやる。

 

そんな素敵な出会いがたくさんありました。

 

この夏の企画はまだ続きます

2017年8月16日

今度はみらいスクールの校庭にガーデンを作ります。

 

こちらもTwitterでの情報公開にいち早く反応してくれた方々がいて、早くも5人確定です。

 

参加者は行きの道中で立ち寄る花屋で、好きな花を一つ選ぶ権利付です。

 

また、行きたいけど行けない!

という方のために、「マイフラワープロジェクト」を用意しています。

 

一口500円で一色、お好きな色を選んでいただきみらいスクールの新しいガーデンに植えます。

 

その様子を写真や動画でお送りしますので、参加できないけど花植えたい!って方は是非お問い合わせください。

詳細はこちら>>>

 

企画に参加してくれた皆さんの生の声はこちらから。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-みらいスクール

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.