カンボジア最大級の食の祭典ANGKOR FOOD + HOTEL 2019に行ってきた

カンボジアの首都プノンペンで毎年開かれている食品に関するサービスの展示会が、今年初めてシェムリアップで開催されるという情報を手にした彼女から

彼女「はい、提案!次の休みにいきたいところあります!」

ぼく「どこでしょう?」

彼女「食の祭典です!」

ぼく「賛成!行きましょう!」

ってことで決まった休日の様子です。

ANGKOR FOOD + HOTEL2019行ってきた

2019年は10月10〜12日までの3日間開催ということで、運良く初日がカンボジアでやっているお店の定休日と重なったため行くことができました。

新しい方のソカホテルです。初めて来た。

入り口です。名刺があれば入場無料で誰でも入れます。名刺なんぞ普段持ってないので前日にカッコイイのをサクッとイラレでつくりました。毎月1upしててよかった。

こういう紙が渡されます。

裏面に必要事項を記入。

ここに提出。首からぶら下げるパスをゲットします。

入場。

一番最初に目に止まったのは業務用の冷蔵庫とかのメーカーと言えば!のホシザキ from ベトナムです。この食洗機を導入して皿を洗うという作業の手間をなくしたいと心底思いました。

担当の日本人の方といろいろ立ち話して、あーやっぱこういう催し物は参加するだけでいろんな収穫があるなぁ来てよかったって気持ちになりました。

で、いい気持ちになったので18年ものウヰスキーとか。

謎の果実酒とか。

アンコールビールとかがキマッてもっといい気持ちになりました。あとはもう勝手に何やっても楽しくなる方向にしか進みません。

名古屋コーチン試食したり。

阿波尾鶏試食したり。

キューピードレッシング眺めたり。

クロワッサンをつまんだり。

アイスを食べたりしました。で、このイベントのタイトルがFOOD + HOTELなので食品だけでなく食などに関連したサービスなどの展示もあります。

コーヒー豆の焙煎機。店にほしい。ロマン。

高級ホテルとかが取り入れてそうな寝心地の良いであろう寝具。あいにくウチは最近いい感じのマットレス導入したので全くそそられませんでした。

あとmakitaの電動工具が展示されてるのをおもちゃ売り場の子どもみたいに指くわえて見たりしました。コードレスのカンナとサンダーと充電するための変圧器ほしい。

あと会場に展示されていた食のカービングも圧巻。特にバイヨン(顔)までパン。すごい。

感想

こういう催し物って人多い、うるさい、疲れるなどの理由で今まで遠ざけ気味でしたが、いろんな業界の人と話したり今最新の製品やサービスに触れたりするだけでいい刺激をもらえました。動いた分だけ自分の知見が広がっていい感じ。

今後は「〇〇展」みたいなのに積極的に参加して普段とは違うインプットも取り入れていこうと思いました。

日本人パティシエがいるシェムリアップのおしゃれカフェRoly Polyでカレーとコーヒーとケーキのフルコースをキメよう

2019年10月6日

日本とシェムリアップ往復はベトナム航空が乗り継ぎ時間短いし安くて快適だしLCCよりお得でおすすめ

2019年7月17日