【みらいスクール】カンボジア小学校建設72日目

2016年2月18日

 

建設72日目

 

昨晩到着した佐久間からの来客匠さんと、カンボジアまで帰ってきてくれたはるかを連れて、今日から再び村ごもりの日々です。

ぼくのバイク(代車)は今日も不調なので、今回はトゥクトゥクに乗り込んだ。

 

昨日カンボジアに降り立った時から、匠さんのワクワク感がやばい。

学校をバックに、自慢のクラスTシャツを披露!

 

佐久間高校の中村学級の皆さん、見てますか〜?

 

皆さんの担任はキラキラ輝いてますよ〜!

 

教室の床が土からモルタルへ変わっていく

朝行くと、教室の床にモルタルを流し込む作業が始まっていた。

東洋大学Bboothのみんな〜!

 

みんなが岩を敷き詰めて、叩き入れてくれた床がいよいよモルタルで埋まりそうだよ〜!

 

今日も引き続き通気口づくりへ

教室の床に運ぶモルタルリレーをしゅういち、くるみ、はるか、ドライバーのネインに任せて、残りの通気口づくりへ。

眞紀と匠さんが登って、ぼくがフォロー。

匠さんの丁寧すぎる作業には驚いた。

数mmの差も許さないほど、慎重にレンガと通気口を積み重ねていく。

 

こういうの性格出ますね。

無事に一箇所が完成〜!

 

続いてしゅういち、くるみでもう一つの通気口づくりへ。

ちょいと時間が足りなそうだったので、ぼくも一緒に登って作業へ加わった。

 

相変わらずしゅういちの膝は震えたまんま。生まれたての子鹿とはこのことです。

 

台が少し揺れるたびに「ほえ〜」とか「うわ〜」とくるみがつぶやく。

 

夕暮れが迫る中、無事に二個目も完成!

 

残すは後一個!

 

通気口をつくる組と、教室の床にモルタルを流し込む組に別れて作業を続けて来たので、今日の作業成果はとても進んだ感が強い。

 

教室の床も無事に一個目が埋まった。

BEFORE

AFTER

 

なかなかいいんじゃないですか?

 

枠組みのところは、黒板の前の台座と教壇を兼ねた部分。

 

日本のように職員室なんてないので、教室の隅に先生用の机を設置する。

 

床が土からモルタルになって見た目が大きく変わって、ぐぐっと教室感が出てきた〜。

 

最近は作業スピードが非常にいい感じ。

 

 

追伸

匠さんが「村のご飯が美味すぎてビビってる!」とを連呼しています。

 

一体どんな料理を想像していたのでしょうか?

 

世界一周経験を持つ現役高校教師匠さん。匠さんとの話し合いで生まれたのが、このロンデン村の佐久間井戸です。

 

本当に話せば話したことが、少しずつ形になって行くのが不思議だな〜と思いながら「想いは創る」と言っている匠さんならではの人間味が感じられる共同生活です。

 

こんなにゆっくり匠さんと話したの久しぶりすぎて、いつまでも話していられそう。

 

明日も頑張ります〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。