ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

みらいスクール

【途中経過】みらいスクールの机と椅子

投稿日:

_ysk4975

急遽カンボジアに来ています。

 

今回の渡航目的は、みらいスクールの机椅子購入です。

 

急に決まったのにも色々訳があって。

 

元々は、日本で使われなくなった小学校の机椅子をカンボジアまで配送する予定だったのです。

 

参考記事:日本で統廃合された小学校の机椅子をカンボジアまで送るつもりだったけどダメでした。

 

ことの成り行きは先ほどの記事でも書いていますが、今回このような展開になっても迅速に対応でいているのは、千葉県の(株)共進という会社が運営するS-アカデミーという塾の社長、組田様からのご支援によるものです。

 

このことについても別記事で詳しく書きます。

 

スポンサーになっていただける企業様のおかげで、今回このような急展開にも関わらず、ことは順調に進んでおります。

 

ありがたい限りです。

 

そして今日、僕らはクロラニュの机椅子をつくってくれるお店まで行ってきました。

 

僕が日本にいる間にも動いてくれていたゆうととネインと一緒に。

 

学校用の机椅子は完全受注生産らしく、しかも納期が1ヶ月ほどかかるというので、開校に間にあわせるために、今回は急な渡航になりました。

 

簡単に言うとお金払いに来ただけの予定です。ええ。

 

当初の打ち合わせでは、入金から作業開始とのことでしたが、ネインが事前に僕のことを紹介してくれていていたらしく、学校やトイレ、井戸や道を作ってきた実績をもとにお店のオーナーは信用して作業を開始してくれていました。

_ysk4972

しかも開校までに間に合わすために、他のオーダーを全部ストップして10日間で全て終わらせてくれるとのことでした。

 

それも配送や黒板などの取り付けまで全部含めて。

 

今回の滞在期間中に納品まで見届けられそうなので楽しみが一つ増えました。

 

今回オーダーしたのは生徒用の机椅子60セット。

 

教師用の机椅子3セット。

 

黒板を6枚。

 

オーナーの心意気で当初の予定よりも少し値下げをしてくれて、しかも配送や取り付けは全てサービスでやってくれるとのことです。

 

なんていう男前なんでしょう。

 

最初の見積もりよりもかなり安くやってもらえています。

 

作業員も増やして急ピッチで進む現場。

 

カンボジアの為にとかっていうと軽い言葉になってしまいそうで好きではないけれど、今まで動いてきたことがカンボジア人たちが汲み取ってくれて、期限に間に合わそうとしてくれる。

 

値段の面で協力してくれることも嬉しいこと。

配送費用も取り付け費用もサービスしてくれるとのことでした。

 

ネインもオーナーも。

 

カンボジアの為にカンボジア人が動く。

 

きっとこの姿勢が一番ナチュラルなのだと思います。

 

僕ら日本人が動いていることって、少なからず色がつくだろうし、そこに甘えたくなるカンボジア人だってきっといます。

 

でも僕らが村と一緒になって始めたことが、村とは関係のないカンボジア人まで自分ごとになって動いてくれています。

 

このいい流れを壊したくないから、また大切にするべきことをしっかり見つめて一歩一歩動いていこうと思います。

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-みらいスクール

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.