元高校教師がカンボジアに小学校建ててライターとカフェやってます

キクロンのボディタオルアワスターシリーズ「泡る」に謝りたい

ぼくはボディタオルが好きだ。

 

特に、ちょっと硬めのやつでガシガシ体を洗うのが好き。

「それあんまり肌によくないらしいっすよ」

って意見は受け付けない。

 

好きなものは好き。気持ちがいいことは好き。

みんなそうだよね?

 

海外での生活が始まるときも、真っ先に新しいものを用意した。

1日過ごして、多少なりとも汗でベタベタするカラダの汚れを洗い落とすあの瞬間と、タオルの肌触りが好きなのだ。

これがないと洗っている気がしない。

 

そんな大切なボディタオルは、もう長いこと(って言ってもいつ頃からか覚えたいないけど)キクロン という会社の「泡る」というシリーズを使っている。

全員、このタオルの気持ち良さを知ってほしい。

 

別れは突然やってくる

この記事を書いている半年くらい前、ぼくはカンボジアの首都プノンペンのホテルに滞在していた。

いつも通りシャワを浴びようとカバンを開くと…

 

 

いない。

 

 

どこにも。ボディタオルがいないのだ。

ちなみにその前日は、カンボジアの隣国ベトナムのホーチミンを目指して国境の街「バベット」にいた。

どうやらそのバベットで宿泊したゲストハウスに忘れてきたようだった。

ちなみにバベット⇄プノンペンはバスで片道4時間くらい。

 

もどりたくねぇ。

戻ったところで宿の人は捨てちゃってるかもしれないし。

 

 

でも、カラダが洗えないのはキツイ。

ゆーすけ

そうだ、イオンに行こう

 

ちょっとだけ浮気した

カンボジアの首都プノンペンには、イオンがある。

しかも2個。

 

イオンならあるだろう〜と思って探し回ったけど。

一向に見つけられない。

 

探し方下手なのかな。

仕方がないので、イオンに入っている100円ショップのものに落ち着いた。

ホテルに戻ってシャワーを浴びると、これがまた痛い。

痛すぎる。

 

でも、これしかないから仕方がない。

痛いのになぜか「あ〜やっぱりゴシゴシタオルっていいわ〜」って口では言っていた。

 

人の思考は怖い。

全然納得していない買い物でも、ほしかった類のものだと、無理やり納得するようにできているらしい。

 

キクロンに謝りたい

半年くらい経った時、無性にキクロンでカラダが洗いたくなった。

ちょうど日本からカンボジアまでくる友達がいたので、Amazonで買って送りつけた。

 

そして、ついに。

ぼくは、キクロンと再会した。

 

その日は夕方くらいから、早くシャワーを浴びたくなって早々にを閉めて家にDASH。

(正確にはバイクフルスロットル)

 

 

 

き、きもちいいいぃぃぃEEEEEEEEE!!!!!!

 

 

 

ゴシゴシタオルはどれも気持ちいいって思い込んだこと、自分に言い聞かせたこと、心から申し訳なくなった。

「泡る」は全然違う。違うったら違う。

 

キクロンのボディタオルアワスター泡るのメリットまとめ

  • 泡立ちがいい
  • 泡持ちもいい
  • タオルの厚みがすごい
  • 肌に触れた感じが気持ちいい
  • 安い

 

泡立ちがいい

ボディソープの使用量が全然違う。

これまで100円ショップのゴシゴシタオル使ってた半年間は、ボディソープを一回4プッシュはしてた。

 

4プッシュってけっこうな量ですよ。

プッシュって10回言って?

 

PUSH!!PUSH!!PUSH!!PUSH!!……………

 

 

アメリカの前大統領の名前は?

 

 

ブッシュ!

 

 

残念、オバマでした。

 

 

泡るが家に来てからは2プッシュ。半分。

この半年間で消費したボディソープは半分でよかった計算になる。エコ。

 

泡持ちもいい

ちなみにさっき4プッシュって言ったけど、洗っていて泡が切れてしまうことがよくあった。

そういう時は追PUSHしてたから。

 

ボディソープすごいムダ使いしてたなぁ。

 

泡るが家に来てからは2プッシュのまま。

追プッシュなしで、アンナトコ、コンナトコ、ソンナトコまでちゃんと最後まで洗えます。

 

タオルの厚みがすごい

持ち比べてみるとすごい。

100円ショップのは一反木綿か! って言いたくなるくらいペラペラ。

 

厳密には泡るもタオルだから、世の中のあらゆるものと比べるとペラペラに見えるけど。

同じゴシゴシタオルと比べたらわかる。

 

「細マッチョ好き」って言っている女子の気持ちが理解できた気がした。

 

肌に触れた感じが気持ちがいい

もう、ここですよ。

本当に違う。痛くない。

 

ちなみにぼくはこれ。

 

かためって書いてあるけど、そこまで硬さは感じない。

ちなみに本当にかためが好きな人には、こういうのもあります。

 

「男の泡る」

やっぱ日本男児たるものこっちかな〜と思いながら、ここまでは硬くなくていいかなっていう判断で、「かため」を選びました。

 

ちなみに、ぼくは今回の買い替えで彼女の分も注文したんですけど、

「なにこれ?すごい気持ちいいんだけど!?ナニコレーーーーーー」

ってお風呂上がりすごいご機嫌だったので、家族全員分買い替えたら喜ばれますよ、お父さん。

 

安い

これも嬉しい。

定価で買っても700円くらい。700円で手に入る快楽。

 

Amazonとか楽天だと400円前後で買えることも多いです。

 

まとめ

「ところでアワスターってなんだ?」

なんてツッコミは入れず、とにかく全員この快楽を味わってほしい。

 

公式HPによると12秒に1枚売れているらしいです。

この記事を読んでいる間に何枚売れたことか。

 

毎日家に帰ってシャワーを浴びるのがこんなに楽しみに思えるなんて。

 

ずっと使っていたら当たり前になっていた「日常の幸せ」に改めて気づいたよって話でした。

そんな感じで。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。