ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day.11 最低限は勝手にアップデートする!電波のない暮らしから感じたこと

投稿日:2015年11月30日 更新日:

2015年11月30日【建設11日目】

 

カンボジアの村の夜はやることなくていつも早い。

ぼくも人がいたので昨夜は21時頃まで起きていたけど、眠くなったので先に寝た。

 

朝は7時前に起きたら、結構みんな起きてた。

「よく寝れた〜」って言ってたけど、みんなやっぱりどことなく疲れてる様子は隠しきれない。笑

 

不慣れな作業を、不慣れな土地で一生懸命やってくれて本当感謝です。





ホームステイ明け二日目

村に泊まって二日目の今日は村の中を巡りながらの行動。

初めて村に来てくれた人がいる時は、村の中を歩いてこれまでの経緯や活動を知ってもらう。

 

この村との出会いや井戸掘りのこと。

クメール語がまだまだ満足に話せないぼくが、どうやってコミュニケーションをとっているのか。

 

村の中のコミューンの違いや隔たりがあったことなど。

ぼくが村に出入りするようになった頃と今では随分と違うことを味わってもらう。

 

そんな時間を参加者のみなさんと共有した。

 

建設作業再開?

その後、建設現場で昨日の続きとしてちょっぴり作業してもらったけど、みなさん思っている以上に疲労困憊だったので、木陰で休む時間を優先しつつ、ぼくと将太はベンチ作りを再開。

12309219_10204893831976698_913275380_n

足場をセメントで固定して、上に乗せる気を固定しやすいように少し加工した。

 

丸太の中からシロアリの群れが出てきてびっくり。

グロすぎるで写真は載せないけど。

 

このシロアリが学校に来ないことを切に願います。

 

そういえば昨日は久しぶりにサソリとも遭遇。

これもグロいで写真は控えるけど。見る?

 

夕方くらいまで作業しようと思ったけど、昨日よりも暑い上に、昨日の作業で皆さんの体力はかなり消耗していたので、今日は村巡りと軽作業で終了。

 

ホームステイ先で最後の村ご飯を食べてシェムリアップに帰ることに。

 

電波のない暮らし

12274651_10204893638211854_4072253932548170666_n

1日半、Wi-Fiもない村での生活はとても刺激的だった様子。

ぼく自身も、カンボジアと日本で感じていたギャップを村とシェムリアップでも感じてしまう。

 

村にいたら村の暮らしに順応しているはずなのに。

なぜか村で必要なかったものを恋しく感じてしまう。

なぜか村で使わなかったものを、目的もなく欲してしまう。

 

村の日陰で感じる爽やかな風はすごく落ち着いたはずなのに。

エアコンが効いている部屋を普通に感じてしまう。

 

う〜ん。

まだまだ甘いな。

 

「最低限」は無意識のうちに、勝手にアップデートして「もっともっと」ってなる。

意識して、足るを知ると、もう少し視点や思考も変えることができて、結果それが豊かさに繋がったりもするのかも。

あれ?難しい話してた。

 

お疲れ様でした

夜はOHANAへみんなを連れていって、疲れを癒して、お腹を満たす作戦。

じゅんちゃんの美味しいご飯にみんな大満足の様子でした。

手伝いに来てくれたみなさん、一泊二日だけでしたが本当にありがとうございました〜

cambodia63

お疲れ様でっす!

帰ってきて、費用の件でまたカンボジア人ともめたのはここだけの話。

 

あ、大事なことをもう一つ。

img_5146

ズボン破れた!!!!!

(この旅二枚目)

day011

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.