ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

【仕事の選び方】「明日会社行きたくない」と感じたら考えるべきこと

投稿日:

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。

 

先日こんなツイートをしました。

働き方は生き方の一つなので、毎日続けても苦痛でないものを選ぶべき。

毎日続けるのが苦痛だったものは続かないし、お金を稼ぐ手段なら苦痛ではない働き方を変えればいい。

動かなかったらそのままってこと。

 

仕事(働き方)を選ぶ上で大切にしたいことは、「休みたくない仕事かどうか?」だと思います。

仕事と言っても、働くことは生きることの一部なので、続けたくないことを行きて行く要素の中にわざわざ取り入れるなんてありえないですよね。

 

特に今の時代は、お金の稼ぎ方は以前よりもはるかに多様なので、「会社に行きたくない」と感じたら会社に行かなくても生活できる方法を探せばいいだけです。

 

ちなみにぼくは、現在カンボジアのシェムリアップでBASECAMP KITCHENというカレーとコーヒーとチーズケーキのお店を開けて半年くらい。ここ最近は、60日以上連続で営業しています。

「ブラック企業」という言葉に敏感な日本だと、「60連勤とか気が狂ってる!」って思われるかもしれませんね。

 

やりたいことやっていると、苦痛でもなんでもないんですけどね。





もし今「明日会社に行きたくない」と感じているなら

未来は二つです。

  1. 行きたくもない会社に行き続ける
  2. 他の方法を見つけて行動する

これ以上ないシンプルすぎる回答です。

なんか、それっぽく書いてますが、要約すると「やるか・やらないか」しか言ってませんね。

 

行きたくもない会社に行き続ける

働くことに苦痛とかを感じている人の多くがこの選択をしているはずです。

「入った会社が思ってたのと違う」「働くことナメてた…しんどい」ってのは決して甘いことでも弱いことでもなくて、そう感じても不思議なことではないです。

でも、動かないと現状は変わりません。

「いつか、いつか」と待っていても、時間だけが過ぎて行くし、周囲がお膳たてしてくれる訳ではないので、自分で動くのみです。

 

他の方法を見つけて行動する

今の働き方が苦痛だとしたら、今の生き方はかなり苦痛だと思うので違う道を考えてみましょう。

ちなみに、仕事以外の人生の要素は少なからず仕事の影響を受けているので、単純に会社を変える、だけだと負の無限ループな気もします。

 

今の仕事がしんどい理由が「残業が多い」「休みが少ない」だとしたら、同じようなスタイルの働き方してもそこまで大きく残業は減らないかもしれないし、休日だって増えない可能性が高めです。

せっかく行動するのなら、大胆に変えてみた方がいいです。

 

会社に行きたくないけどお金もらえないのは困るなら

学生がバイト嫌になってすぐやめるけど、おこづかいは欲しいのですぐ他のバイト探す。

でも結局嫌になる。

 

みたいな生き方して、自分がお願いして入ったくせに気に入らないことだけ文句言ってお金はちゃんともらって、次に勝手に期待するけど、結局そんな大差ないし働くことの目的がお金稼ぐことだけになっているのであれば、会社変えても何も変わらないので、あんまりおすすめしないです。

 

今の仕事はいや。

でもお金もらえないと困る。

だからとりあえず働く。

って人は、一生とりあえず生きることになるんじゃないかなと。

 

それがダメってことでなくて、それでいいならいいし、嫌なら期待するのは他人ではなく自分だろって話。

 

「会社にも行きたくない」「何もしたくない」というのはすぐには無理かもしれませんが、行きたくもない会社をすぐにやめて、その気になって方法を考えれば、会社にも行かず何もしないでも生活できる未来も不可能ではないですよね。

その気になって行動できれば、の話ですが。

 

「休みたくない」と思える働き方を探そう

小学生のとき、スーファミのドラクエにハマって夏休みとか本当に朝から晩までやってられるくらい熱中した。もちろん親に規制はされたけどそのくらい好きだった。そういうものを仕事にしたら苦痛もないし労働時間も気にならない。

 

ぼくは今、8月から60日以上自分のお店を開けて運営しています。

それは、楽しいから。

 

自分たちでつくったこだわりのカレーを食べに来てくれる人がいて、食後においしいコーヒー淹れて、お客さんいなくなったらブログ書いて。

夜まで盛り上がったらお客さんと一緒に飲んで、夜暇だったら早めに閉めて相方とデートしたり。

 

朝から晩まで働くことも、休みがないことも何も苦痛も不満もないです。

大人になると熱中できる選択肢は広がるのに、自分で狭める人も多い。周りの目とかやってもないのに無理って決めつけたりとか。
ぼくは熱中できるものがドラクエではなくなっただけで、そういうのは変わったっていいし、なんだっていいのだと思うんだ、本来。

 

休みたくないって働き方しているので、毎日楽しいです。

ちなみに、お店やるにあたって「売れなかったらどうしよう」って不安やプレッシャーは感じたくないので、その辺は別でカバーもしています。

 

まとめ

ということで、今回言いたいことをまとめます。

もし、会社に行きたくないと感じたら…

  • 行きたくもない会社に行き続ける
  • 別の方法を見つけて行動する
  • 行動するなら他人ではなく自分に期待する
  • 休みたくない働き方を探そう

こんな感じです。

 

学生さんでも会社員でも、ちょっとしんどくなったら、少しだけお金貯めて、ちょっと休んでカンボジアのシェムリアップでも来てみませんか?

ゆっくり流れる時間の中で、新鮮なフルーツシェイクでも飲みながら過ごしているだけで、ずいぶん世界は優しく、温かく、広く見えますよ。

 

その気になったら、航空券はSurpriceが間違いないです。カンボジア来たら連絡くださいね。

辞める前に、「少しだけでも稼ぎ口を確保しておきたい!」って方は登録必須サイト(無料)

お仕事をお願いしたい人と、お仕事を探す人を繋いでくれます。

 

フリーランス向けの求人サイト

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.