先っちょが細い電気ケトルHARIOのBuono買ったらドリップコーヒーが安定したしお湯の保温もできて便利

先日、で使っていた電気ケトルが壊れたので買い直しました。

HARIOのBuono買った

コーヒー器具といえばの「HARIO」が出している中から、直火タイプではなく電気ケトルタイプにしました。BUONO!!!!

内容物です。

お湯を入れたら電源ボタンを押してWARMボタンを押したら100度まで沸かしてくれます。沸かしてる途中も今何度かを表示してくれるので便利。

その後、保温したい場合は上下ボタンで温度設定してKEEPボタン押すと15分間保温してくれます。15分以上の場合はTHERMOSのステンレスポットなどに移し変えておくと便利です。

HARIOのコーヒーサーバーも買った

で、せっかくなのでサーバーも増員しました。

これまでは透明のドリッパーをビーカーの上に乗せていましたが、ビーカーは400mlくらい抽出してから持つとあっつ!ってなります。ビーカーは完全に見た目がおしゃれってだけで選んだので、今回は機能性を高めて手持ちタイプにグレードアップ。

内容物です。赤の色がいい感じ。カンボジアでは手に入りにくい円錐形のペーパーフィルターも入っていました。助かる。

HARIOのBUONOを使ってみた感想

先っちょが細いケトル、本体を全然傾けなくても、ゆっくり静かにお湯を注げてドリップが安定する。ドバドバ注ぐと薄くなりがちなので好みの味を出すために注ぐ量をコントロールしやすくていい。

カンボジアではこの形の電気ケトルがなかなか見つけられなかったのでようやく手に入れたぞって感じ。多少値は張りましたがお気に入りのアイテムが増えると仕事も楽しく捗る。

やっぱりドリップはドリップ用の形状を使った方がお湯の量をコントロールしやすいのでもっと早く買っておけばよかったって感じています。

そのほかの感想とか

  • お湯が沸くの速い気がする:MAXで水入れて沸騰するまで4分半でした
  • 本体はやや重め:同じ形の直火タイプよりはズッシリする
  • ケトル本体の色が一色:色が選べるとなおいい
  • 保温状態で持ち上げて戻すと電源切れる:ドリップ中は別の場所に置いた方がいい

まとめ

ということでようやく先っちょが細いケトルを買いました。日本にいた頃は直火タイプの先っちょ細いタイプ使っていましたがやはりコーヒーが好きならこの形を買っておけば間違いないです。

これでお湯を注げば緑茶もカップラーメンもみそ汁も全てがスタイリッシュになる。

ぼくはお店で使うので直火タイプだと混んでいる時にコンロ争奪戦始まると思って電気ケトルにしましたが、自宅で使う分には直火タイプでも良さそう。

Melitta Molinoのコーヒーグラインダー買ったので豆を挽く労力ゼロになった

2018年12月25日

本格エスプレッソが毎日自宅で簡単に飲めるようになった

2018年12月12日

SOTOのレギュレーターストーブST-310を買った

2018年9月4日