クラウドファンディングで人の金集めてやりたいことやって楽しいの?って言われて

先日、カンボジアで出会ったある人に「てかさ、クラウドファンディングとかやって人の金集めて、それでやりたいことやれたからって楽しいの?」って言われました。

こうやって言うってことはきっとこの人は、この先クラウドファンディングはやらないだろうし、家族や友人知人とかがクラウドファンディングやっていても応援しないのだろうし、拡散とかもお願いしたりしないんだろうなって思いました。

「しない」っていうか他人の行動を批判する人は自分の人生から選択肢が減るので、気が変わってやりたくなっても過去の自分を批判することになるので「やりたくてもできなくなる」わけです。非常にもったいないなって感じました。

だから基本誰が何やっても「へぇいいじゃんいいじゃん」ってスタイルでいると後々自分の気が変わっても選択肢として生かされます。ってことを学びました。

ちなみにこの人はカンボジアで働いていた日本人たちの中で帰国する人がいると「帰国なんて逃げだ」とも言っていたので、きっと本人は死ぬまでカンボジアにいるんだと思います。

わざわざ他人を批判して自分の人生に制限を設けるなんてストイックですね。ぼくには真似できません。

明日もまたいい日にしましょう。いつでも行きたいところへ行きましょう。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。