ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




LIFESTYLE

仕事と遊びの黄金比は?どちらも全力で本気だから見えてくる世界

投稿日:2017年1月23日 更新日:

タイ、カンボジアでの短すぎる渡航を終えて帰国しています。

 

日本到着後、中部国際空港(セントレア)で待っていたのはこの男でした。

IMG_8677

タイで合流してから一緒にカンボジアへ移動し、結局日本に帰って来てから名古屋での生活まで、最近ずっとチームプレーです。

 

そろそろ一人になりたいなんて呟いてもいられず、大学生のゆうとも巻き込んで新しいプロジェクトの開始に向けて仕事に追われています。

IMG_8679

関連記事:カンボジア発のブランド、月と太陽をモチーフにした「MIRAI」の物語





仕事が遊びで遊びが仕事

新規ブランドの立ち上げという名目で名古屋に来ていますが、三泊四日の合宿は仕事と同じくらい遊びも充実しております。

 

遊びというと飲んで、飲まれて、記憶を失って・・・というぼくの負のイメージが先行するかもしれませんが、そういうことではないです。

 

そもそも「仕事しながら遊ぶことばかり考えやがって!」と言われるかもしれませんが、ぼくらのワークライフバランスとしては、どちらに偏ってもパフォーマンスは上がらないということは、自分たちがよくわかっています。

 

せっかくならスカイプなどのテレビ電話ではできない内容の話し合いをしたいし、住んでいる地域と別の場所にいるなら美味しいものも食べたいし、その土地で暮らすいろんな人と会いたいです。

写真はチェーン店の回転寿司屋さんですが。

IMG_8678

 

感性は動いてこそ磨かれて行く

場所が少しだけ変わると、空気も違えば、名産も違う、そこで暮らす人の様子も、街の様子も、駅を通り過ぎる人の歩く速さも、気候も、文化も、いろんなものを味わうことができます。

 

そういう場所へ数日でも身を置いてみるだけで、まず日常とは違った毎日が待っています。

 

知らない人の話を聞くことも、自分のことを知らない人たちに自分のことを話すことも、その中にいろんな気づきとか発想とか、アイディアとかヒントとかが詰まっていて、それだけで事務所仕事だけしていたら生まれないことがたくさんあります。

 

 

煮詰まったら場所を変えてみる、思い切って今日は終わり!とか言ってみる、そんなことが気軽にできるのもフリーランスの集いの強みかもしれません。

 

その分、モードに入った時は時間を忘れるくらい働けることもあるし、移動の車の中で、ファミレスのドリンクバーの前で、カラオケしている最中にいろんなアイディアが浮かんで来たりします。

 

どちらも手を抜かないから、どちらも最大に楽しむことができる

全力で遊ぶことができなかったら、全力で仕事をすることはできないっていう変な自負もあります。

 

全力で遊ぶって言っても豪遊するわけでもへべれけになるわけでもなくて、笑ってメシが食えるってのが一番だと思います。

 

遊ぶって決めた時に仕事のこと気にしたくないし、誘われた飲み会とイベントに「お金がないから」という理由で断り入れたくない。

年下がいれば、年上の方々にしてもらったようにご馳走したいし、行きたい場所にも会いたい人のところにも行きたい。

 

そう考えると、結局仕事がうまく回っていないと、遊ぶことはできないし、遊びきるからまた仕事のモードにも入りやすい。

 

どっちかだけじゃダメなんです。

 

思い切り働いて、思い切り遊ぶその先に

IMG_8680

そうは言ってもどこにヒントが落ちているのかなんてわかりません。

 

でもそれを探すことが目的でもないし、そればっかり追っかけていたら本当の目的を失います。

 

ただどこにあるかわからないからこそ、アンテナだけは張っておきたいなと。

IMG_8689

ヘトヘトになるまで頭使ってブレストして。

IMG_8690

ナチュラルハイになって車ぶつけちゃっても。

 

「そこ左ね〜」って言いながら右に曲がっちゃったことも。

 

楽しんだ先に見えて来るものがあるから、とことんやろうと思っています。

IMG_8682

手抜きしたってできることあるんだろうけど、とことんこだわりたいものがある。

 

だから仕事も遊びも全力なんだって、ぼくらはそう思っています。

 

少なくとも自分たちぐらい自分たちのこと信じなかったら、とてもじゃないけどやっていけそうもないので。

 

こんな生き方・働き方のヒントを得たのはこの本!

▼タイトルの胡散臭さ以上に、具体的な仕事術がまとめられた一冊。自由に生きたい人は必携のバイブル本です。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.