YouTube再開しました>>>

一週間の出張の荷物がカバン一つに収まれば生きていくために必要なものはそろっている

明日から1週間ほど遊んだり仕事したり打ち合わせしたりしながら、静岡→東京→千葉→福岡みたいなルートで巡ります。各地で都合のつきそうな皆さん、ぜひプシュッと一杯いきましょう。

で、そんなこんなで準備をしていたんですけど、いろいろ思うところがあったので考えをまとめておこうと思いました。

足りないものが出ても何も困らない理由

例えば国内出張の際、絶対に忘れてはいけないものは何ですか?

  • 仕事で使う書類や用品
  • 仕事で着る服(指定のものやTPOをわきまえたもの)
  • 交通機関のチケットや予約票

せいぜいこれくらいではないですか?

 

これを忘れたまま出張に行ってしまってはシャレになりませんが、逆に言えばこれさえあれば困ることはありません。

なぜなら今の時代、大概何でも必要であれば、いつでも、どこでも買える環境にぼくらはいるからです。

 

ちょっと余談

先日、友人の結婚式があったのですが、そこに参列した友人は私服で乗り込んだ新幹線の中に、スーツも宿泊道具も置き忘れていました。

ですが、貴重品(財布とスマホ)はポケットに入っていたので、急いで量販店へ飛び込んでスーツ一式を購入し、会場の情報をLINEで確認し、会場へ到着し無事に参列できました。

緊急事態が起きても何とかなるって話の一例です。

 

飛行機移動も意識すると持ち物選びにも幅が出る

出張のたびに飛行機を利用する人ばかりではないと思いますが、飛行機移動の時のことも考慮しておくことをおすすめします。

荷物の重さを7kg以内に抑えることができれば預け入れ荷物も必要なく、ロストバゲージのリスクも減らすことができるからです。

海外旅行でロストバゲージを防ぐたった一つの方法

また7kg以内に抑えるためには、一つで複数の機能があるものを選んだり、軽くて耐久性のあるものを選んだりと、持ち運ぶものの選び方にも奥行きが出ます。

グレゴリーデイアンドハーフの中身

飛行機の機内持ち込み手荷物7kgを常に意識して生活しておけば怖いものはない

出張から帰ったら必ずカバンの中身を見直すべき理由

出張や旅行から帰ったら必ずカバンの中身を見直しましょう。

出発前には「絶対必要だ!」と思って詰めた荷物のうち、どの程度が必要でしたか?

 

中には詰めたことすら忘れ去られる存在のものも出てくるかもしれません。

「鉄は熱いうちに打て」とはよく言いますが、ここで自分にとって必要だったものと不要だったものをしっかり把握して置きましょう。

 

時間が経ってから再度出張や旅行のパッキングで不要な荷物を詰め込まなくていいように。

今回の出張や旅行で学んだことは、必ず次回に生きてきます。

 

まとめ

一週間の出張や旅行に必要なものは、カバン一つにまとまりましたか?

もし収まれば、生きていくために必要なものはカバン一つにあるってことですよね。

 

自宅を離れて生活をすると、いろんな学びや発見があります。

「あ、こんな不要なものがたくさんあったんだ」と。

半年ぶりに日本の自宅に帰った感想

今日の記事の内容をまとめます。

  1. 足りないものは大概どこかで買える
  2. 飛行機移動まで考慮すると持ち物選びが変わる
  3. 毎回中身を見直してアップデート

以上です。

 

必要なものがまとまったら、カジュアルからビジネスシーンまで使える3wayバッグが個人的にはおすすめです。

グレゴリー カバートエクステンデッドミッション

グレゴリーの3Wayビジネスバッグ「カバートエクステンデッドミッション」が耐久性高くておすすめ

大変ありがたいことに「何か力になれることはありませんか?」と言っていただく機会が増えました。

もしよろしければ、以下のページから活動のサポートをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。