旅しながら働く!が実現できる職業7つ

旅好きだったら一度は「旅しながら働きてーーー」って思ったことないですか?思いますよね?ぼくは思ったんです。なのでどうやったら旅が仕事にできるのかを考えてみました。

旅しながら働ける職業その1:パイロットorキャンビンアテンダント

飛行機を操縦するパイロット、もしくは客室乗務員になれば仕事で海外へ行けます。

以前カンボジアに到着後にパブストリートに飲みに行ってバーで話した人が、自分が乗ってきた飛行機のパイロットでびっくりしました。

旅しながら働ける職業その2:ツアーコンダクター

海外旅行の際に現地まで付いてきてくれる添乗員。

以前日本の空港でチェックイン待ちをしていたら、自分の前が8人組くらいのおじいちゃんおばあちゃんのグループ旅行で添乗員さんが付き添っていました。そのうち1人のおじいちゃんがなんとパスポートは貴重品だから家に置いてコピーだけ持ってくるという失態を犯し慌てている添乗員さんがいました。

旅しながら働ける職業その3:クルーズ客船

数ヶ月かけて世界を旅するクルーズ客船。

飛行機のパイロットや客室乗務員といった仕事だけでなく、ホテル、レストラン、各種ショップなどが同じ船上にあるので業種も様々です。うちの両親は仕事を退職したら二人で世界一周クルーズの旅に行きたいそうです。

旅をしながら働ける仕事その4:バイヤー

世界中のいいものを探して買い付けてくるバイヤー業。

海外の商品だけでなく生地や素材、パーツなど商品になる前の仕入れを行うことも多く取り扱う物も幅広いです。日本のセレクトショップなどに卸したりする業者間取引だけでなく、個人で買い付けてメルカリやヤフオクで転売したり小さく始めることもできます。ぼくは以前この手法を使って航空券くらいを実質タダにしながら海外へ行っていました。

旅をしながら働ける仕事その5:ライター

世界のニュースやイベントを取材したりして記事を書くライター業。

会社に雇用されている専属ライターと、どこにも属さずに寄稿などをしながら執筆するフリーライターなど。ぼくの密かな夢はオリンピック・パラリンピックなどスポーツの世界大会の取材へ行ってくる依頼をもらうこと。自分が好きなスポーツを取材して、好きなライティングの仕事できたら最高です。

旅をしながら働ける仕事その6:カメラマン

ライター同様世界のニュースやイベントなどの様子を撮影してくるカメラマン。

最近はshutterStockなどに撮影した写真をアップして販売する方法などもあるので、写真が好きな人はまずは副業的にはじめてみるのもいいかもしれないですね。

カメラで飯を食っていくをやめた

カメラの学校を出ていないぼくが独学でカメラで仕事を得るまでにした5つのこと

旅をしながら働ける仕事その7:ブロガー

これです。ぼくが実現したい1番の働き方。

旅に出る→現地の情報やお得情報を記事にする→へっへっへ のパターン。旅をすることで仕事ネタが増え、その仕事で生まれた収入でまた旅をする。今はブログ、バイヤー、カメラなど複数の収入源を合わせて生活していますが、本音はブログだけで十分な生活費を生み出したい。頑張って実現したいですね。

ブログを書き続ける理由は会いたい人に会いに行くため

発信することで世界はもっと広がっていく。ノマド、バックパッカー、留学生など海外にいる人がブログを書いたほうがいい理由

まとめ

旅が仕事になったらいいですね。頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。